[1日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は1日、米国による「大規模な」貢献を称賛し、良好な関係の継続に期待を表明した。

トランプ米大統領は先週末、WHOが実質的に中国の傀儡(かいらい)機関になっていると批判した上で、WHOとの関係を断絶し、資金拠出を停止すると表明した。

また、WHOの高官は、安全性への懸念から一時停止している抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」を利用した新型コロナウイルス感染症治療の試験について、24時間以内に停止を継続するかどうかを巡り決定する見通しとした。

さらに別のWHO高官は、ウイルスの「伝染性や重症化の度合いは変わっていない」と強調した。