新着Pick
168Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
↓だけ聞くと「新たな」というより当たり前に聞こえるという人が多いと思いますが、この「当たり前」=常識がこの3カ月で大転換したということ。
「オフィスはチームビルディングやコラボレーション、イノベーションの創出の場として、一方、自宅は集中して業務を行う場として位置付けて、部門ごとの業務特性に合わせた最適なワークスタイル」

オフィスの役割は変わるし、リモートワークはここからの日本の企業の意識の変化の表層にすぎないと思います。そんなことを↓に書いてみているのでよければぜひご参考に
https://note.com/sonetty/n/n177c1c3627d8
社内会議の原則オンライン実施はすごくいいと思います。複数人が会議室に集まってしまうと、そこがホームになり、他のオンライン参加者が必ずアウェーになる。会議室で話が盛り上がるとオンライン側はついていけなくなることが多い。そのた、原則オンラインを徹底すべきだと思う。
社内会議の原則オンライン化というのは、分かりやすく実効性も高い指針ですね。コンサルティングファームは以前より自由に働き方できたが、会社行かなきゃ、という動機のかなり大きな部分は社内のミーティングがあるから、というもの。この2ヶ月ほどの感覚では8~9割くらいのミーティングはオンラインでも問題ない。なかなかオンラインだと難しいのは複数人でホワイトボードにあーだこうだ書きながら唸りながら「ひねり出す」系のミーティング。これだけはZOOMにホワイトボード機能があろうとなかなか難しい気がします
大人数への伝達や、進捗課題管理の会議であれば、オンラインで十分です。
決定判断の議論も工夫すればできます。もっとも、先日のウェビナー講演では聴衆の反応が分からずとてもやりづらかったですが。。。

問題は創発的な会議、これはやはり難しいです。スライド資料とリアルタイム議事メモ、ホワイトボードの3画面に十分な広さが欲しいです。今は画面も狭いし、ホワイトボード的なアプリの操作性が悪すぎます。

でも、逆に考えれば、IT環境とネットワークが整備されれば、解決する話とも言えます。フルリモートの時代は近いと実感しています。
「まずは、自らやってみて、ドッグフードを食べてみてから、そこで得られた結果を顧客などに反映する」…これだったら、すばらしいですね。

ただ、「新たなワークスタイル導入」が目的になったりしなければよいのですが…現場では、目的と手段が簡単に入れ替わってしまうことも多々あります。

あと、テレワークに移行するのであれば、各個人向けに、環境整備のための手当が配給されるか否かが注目のポイントですよね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
企業にも、アーリーアダプターがレイトマジョリティがある。
参考になります。
働く人も変わりますが、オフィスも大きく変わっていきそうですね。都心の一等地をゆったり使うというのはコスト高ですし、過去の価値観からいえば一見贅沢に感じますが、自宅や好きな場所をオフィスにできる方がよいという価値観の方が主流になっていると思います。
すばらしい取り組みですね!WeWorkの国内展開が始まったときに、汐留のオフィスは本当に必要なの?全員WeWorkでいいんじゃない?と孫さんが言い出したのが印象的で、竹芝新本社もコンパクトに。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
13.1 兆円

業績