新着Pick
188Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
もうこの話題はこれでお蔵入りですね。議論の出方が雑であったのと、軽薄極まりない賛成派の論陣によって、9月入学案自体が汚名を着せられたというだけの虚しい結末に終わった印象です。今年度、来年度にやらないならばもう不要不急でしょう。
コロナ禍での数少ないレガシーになど、そもそもなり得ないトピックでした。
優先されるべきは、奪われた正常な生活を子供たちに取り戻すことなんだと確信しています。
変われない国ですからね。
今までもこの繰り返し。

非連続な変革ってのは、一気呵成にやるものです。
出来ない理由なんて、探すのは簡単。
あまりに課題点が議論されぬままに進んでいたので、この判断は個人的には支持したいです。ただ長期的には9月入学の移行は検討すべきものですし、加えて共通テストも複数回実施にして50万人が体調万全で受けることが前提の状況を改善いただきたいです。

なお今回あまり議論の机上に上らなかったのですが、来年度の大学のみ9月入学3月卒業という方法があります。小学校から高校まではカリキュラムがガチガチに詰まっていますが、大学4年はホットスポットのように空いています。多くの学生が必要単位数を3年から3年半で取り終えるためであり、このバッファを利用すると年度の区切りを変えずともスタートだけずらす方法が考えられなくもない。

実際には多くの大学が前期科目、後期科目で積み上げ式になっているので、諸々大変なのですが、もし仮に共通テストや一般入試がコロナで実施できない場合には、運用レベルであり得る対応かと想像しています。
9月入学は幼稚園から大学まで一気にやろうとするからデメリットも多くてそうなりますよね。
個人的には、今の高校3年生の公立私立の不公平感や冬の感染リスクも含めた受験時期の移動も勘案して、高校は3月に卒業して、大学は6月入試9月入学とかで良いと思います。

半年入学を遅らせたぐらいで経営が成り立たない大学は…(略)
これで沙汰やみ。「拙速じゃない」導入の機会も当分来ません。令和の初め、コロナ禍にあって、国際化の大きなきっかけを失う決定をした、ということを歴史に刻んでおく。
新型コロナウイルスの拡大感染によって,学習の機会が失われてしまっている学生さんをどうフォローするかという問題には,もちろん十分に対応する必要がありますが,9月入学を導入するという方法で解決を図ろうとすると今度は別の歪みが生じてしまいそうですから,個人的には適切な判断かと思います。

どちらかといえば9月入学賛成派ではあるのですが,ハードランディングでやる必要はないと感じていたので,一時期の盛り上がりはちょっと不安に思うところがありました。
9月入学のメリットは大きのですが、今導入の時期ではないと判断なさったのならしかたありません。
支持率が落ちている時に無理をしたくないのでしょう。
徹頭徹尾、当事者である学生とくに最高学年の生徒・児童の希望が黙殺された展開であったようにみえます。
イベントや課外活動も殆どなし、僅かな夏休みと冬休みしか与えられず、コロナ禍に怯えながら受験する生徒・児童があまりにも不憫です。
来年度の導入がないという点ではほぼ正式発表だと思います。これを機会に、丁寧な議論が行われることは必要だと思います。