新着Pick
17Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
当社JIWはこの記事のテーマである千葉さん率いるドローンファンド と資本業務提携を締結しています。この方と一緒に事業をやらせていただきたい!と思った瞬間は、千葉さんがパイロットを目指される気持ちに触れたトキでした。

「飛行機は「最も安全な乗り物」とも言われています。パイロット取得を通じ得た体型的な知識はすべて先人の事故に行き着いていました」と千葉さん。

身を乗り出して話をしてくださったSHELLモデル。また遭難信号受信時の飛行機ノリの全員協力体制など、私も目から鱗でした。

「機械ではなく、ヒトの地味で地道や工夫や執念、こだわりによって安全は守られていました。ドローン前提社会を、丁寧に、着実に、安全に、社会に根ざかせたい。」そう語る千葉さんの眼は、社会課題の解決を目指す当社の経営理念に響き、心から揺さぶられました。

米国家運輸安全委員会(NTSB)の調査によれば、航空機事故で死亡する確率は0.0009%だといいます。点検、物流、エンターテイメントなど、幅広い活用が期待されるドローンで新しい分野ですが、千葉さんに教えて頂いた「巨人の肩」を常に意識し、先人をリスペクトし、先人に学び、技術や製品とともに安全運行の手続きや意識も業界全体で積み上げて参りたいと思います。

おめでとうございます!
【DRONE FUND3周年記念日🎂&航空🛩パイロット国家試験🌸1発合格💮しました!】

航空パイロットへの道👨‍✈️を歩むこと1年9ヶ月。
やっとやっと!最終国家試験、合格しましたあああ!😆
嬉しいいい!
45歳から試験勉強と過酷な訓練をスタートさせて、46歳で合格! 人間、何歳スタートからでも、夢は実現します。諦めないことが大切。

そして、DRONE FUNDも設立から3周年㊗️!!2017年6月1日の設立の時は「絵に描いた餅」を美味しそうに吹聴するだけのドローンオタクでしたが(笑)、今現在、2022年には都市部上空の自律ドローンが認可される見込みで、社会全体がドローン前提社会スタートに向けて確かな足取りを歩んで現実味を帯びてきてます。たった3年で!みなさまの応援のおかげですし、これからも、空の産業革命に向けて邁進します。

パイロットの話に戻りますが、正直、何度か、あまりに厳しすぎて心折れたし、後悔しまくってました。
あんなに人生で追い詰められて、緊張して、つらくて、眠れなかった日々はありません。経営やハードシングス的な過去の経験を全て覆す、超絶ハードシングスでした。「千葉さん、さすが、さくっと1発合格ですね」と言われたくないくらい、苦労しました。(笑)
合格までに「150時間の実飛行訓練」に加え、「383回の離発着訓練」をしてきましたが、これができたのも、力強くサポートしてくれた皆様のおかげです。ありがとうございました。日本での訓練や勉強は、異様に大変で、個人的には人生で1番しんどかったです。まずは命かけて僕の教官をしてくれた元F15戦闘機パイロットの船場太先生にお礼を伝えたいのと、皆さん全員のサポートあったからこそ、最後までやりきることができました!

4/1に最終試験予定だったのですが強風のため実技が中止となり、口頭試問試験のみの合格。そこから非常事態宣言に入り見通しが立たない中で、4/1に最高潮にテンションや知識と意識を仕上げていた自分は「失速」しながらの日々。やっと非常事態宣言があけて臨んだ最終再試験。強風だったものの、実技フライト2科目とも(練習で一度もうまくいかなかったのに)奇跡的に神がかり的にうまく行き、激しい横風着陸🛬も奇跡的にうまく行き、結果として大きなミスなく、無事、試験官から「合格」と言われました‼️‼️😭😂嬉しすぎる🙏
ドローンやエアレースなどに興味があるというスタートアップの経営者さんや投資家さんは多いですが、既存の航空業界に文字通り飛び込んで理解されようとしておられる姿勢には脱帽です!
まずは単発プロップのVFRでお取りになったとのことですが、双発タービンのIFRはその応用なので、今までの訓練よりは多少は楽に感じると思います(ただ座学はみっちり多いです)。今の航空業界をご理解いただければ、ドローンの長所や、運用において気をつけるべきポイントがよく見えるのではないかと思いますから、ご自身のビジネスにも大きく生きるのではないでしょうか。

パイロットは一見するとフラッと好きなところへ飛ぶことができて、なんと贅沢なのだろうと思われるようなものですが、実際には記事中にあるように常に緊張の連続、フライトが終わったら服は汗でぐっしょり濡れています(水をかけてあげるというのはその汗を流してあげるという文化なのかなと思ったりします)。パイロットの一番のポイントは、飛んでいる途中は小賢しいことはできないし、だから事前にいろんなケースを想定し、それに対応したシナリオをあらかじめ用意しておく必要があるということです。航空会社の場合には飛行前のブリーフィングというものがありますが、ここでどれだけポイントを捉えた話ができるかで、フライトの出来の良し悪しが決まります。また、飛んでいる途中は、さまざまな計器を順番に見て、どれか一つでもおかしくないか、常に目を光らせておく必要があります。本人の気合と情熱がないと続かない訓練です。
千葉さん、さすがです!!!まさに神出鬼没、空飛ぶリーダー!
ジェット買うだけでなく、免許まで取るのは本当にすごい!この好奇心と向上心が千葉さんの凄いところだなと改めて感じました。
おめでとうございますー!