新着Pick
87Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本当に学校が再開してよかった。学校の教育的側面以上に福祉的側面を取り戻すことができる。

学校にいけず、生活リズムが乱れていた子ども達や、居場所を失っていた子供たちの事を考えれば、本当に福祉的機能としての学校が再開できるのはとても大切な事。困窮している家庭は栄養価が整った給食を食べることができる。

今後はコロナの状況に応じて再度「休校」になることもあろうかと思う。おそらくインフルエンザのような対応をせざるを得ないでしょう。

だからこそオンライン教育の整備は急務だ。休校になっても学びを止めてはならないし、子どもたちがオンラインでも「居場所」を見つけれることが大切。
学校再開とありますが、実際は午前だけの登校(給食なし)や分散登校だったり、学校での活動がかなり制限されています。生徒・保護者にとっても、先生にとっても元通りとは言えない状況です。

ウィズコロナの学校は、子どもたちの学びの保障と感染リスクがトレードオフになる部分をどう両立するか、舵取りが難しい時期です。
それらを両立するには、オンラインで学べる環境を作ることが引き続き重要です。「学校再開したからオンラインはやらなくていい」という考えに至らないよう、引き続き、文科省・教委・学校、各関係者の皆様のがんばりを国全体で後押ししていきたいですね。
大きな第一歩だと思う。帰宅後、学校で今日起きたことを生き生きとした表情で話す、息子と娘の姿がすべてを物語っていた
やっと始まったと安心していらっしゃる親御さんも多いのではないでしょうか。うちも先日まで分散登校で半日でしたが、今朝から通常の体制に戻っています。

子供達も楽しみだったようで、いつもより早起きして学校に向かいました。
先生方もこれから何かと大変でしょうが、ひとまず安心していらっしゃるかもしれませんね。
学校再開してもオンライン対応はとまることなく進んで欲しいですね。
第二波がくる可能性もあるわけなので、このタイミングで変革をやりきって欲しい。
どうなるか。
保護する側の学校の先生方もコロナ以前より一層心理的にも負担が増すと思われますが、感染が出たとしてもギスギスしませんように。
今の子供達への教育を不安視する声もありますが、先生や親などの周囲の大人が悩む姿を見ながら成長するこの世代は、将来かなり有能な人材を輩出するんじゃないかと期待してます。