新着Pick
339Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
州兵(National Guard)は、米国では各州の知事に指揮権がある軍事組織です。
 現在、暴動に対処するために州兵が動員されている州は、ミネソタ、オハイオ、ジョージア、ケンタッキー、ウィスコンシン、コロラドです。カリフォルニアでも死者が出ているので、時間の問題ではないかと思われます。
 トランプ大統領が、「略奪が始まれば、銃撃も始まる“When the looting starts, the shooting starts.”」というツイートをして、ツイッター社から非表示にされましたが、これは、1960年代の公民権運動の頃に、黒人側の抗議運動(時に暴動に転化しましたが)を抑圧しようとした、白人組織などの常套句でした。
 今回も、抗議行動の最中に発砲が起こり、抗議参加者や警官が殺害される、ということがデトロイトやオークランドで起きています。
 黒人差別をきっかけとした抗議行動が暴動に転化するのは、米国では繰り返されてきたことですが、今回は、「白人至上主義者が混乱を拡大させようとしている」という指摘もあります。
 アトランタでは、トランプ大統領支持者が目の敵にしているCNNの本社が攻撃されるなど、明らかに、黒人差別への抗議運動、とは別の動きも見られます。
 米国では、ロックダウンに抵抗するという小規模な抗議運動も各地で起きていますが、そういったトランプ大統領支持派のコアな部分も動いているでしょう。
 結局、トランプ大統領選出前から起きていた、米国社会の分断が、不満が高まった結果として、暴力というかたちで噴出しだした観があります。
このような暴動の広がり方が、果たしてSNSで自然に広がっただけなのかどうか?最初に騒ぎが発生したミネアポリスの自動車パーツ店で、黒ずくめ・ガスマスク・黒い傘でハンマーで店のガラスを割って回っている人の動画がアップされていたりします。陰謀論も出回っています。
https://youtu.be/qv-O4rnUToU

偶然同じ頃(同日?)に、ニューヨークのセントラルパークでは、黒人男性が白人女性に犬をリードにつないでくれと頼んだら、差別的な言い方で警察に電話した、というビデオがアクセスを集め、結局女性は仕事をクビになったという件も起きました。

基本的には、こうした差別に対する抗議のはずが、今や誰が誰を攻撃しているのか、よくわからなくなっています。
今日の打ち上げを見ながら、アメリカってやっぱりすごい国だなー、と思い、

一方で地元LAのリトルトーキョーも破壊されたというニュースを見て、アメリカってやっぱり終わってる国だなー、と思い、

本当にいろんな意味で奥深い国です、ここは。
ミネソタだけでなくジョージアでも州兵の投入がなされている。これまで人種問題に起因する暴動は何度も起こってきたが、ここまで全国的な広がりになったのはやはり新型コロナによるロックダウンのストレスなども影響しているのだろう。感染も暴動も収まらないとなると、アメリカのガバナンスのあり方にも影響が出てきそう。
”I can't breathe.” 痛ましいことです。

欧米に居住や旅行をなさった時に、こんなご経験はないでしょうか。
自由、平等、正義、博愛――こうした高邁なスローガンを好む白人の人々が、アフリカ系やヒスパニック系、アジア系(当然わたしたち日本人を含みます。)等の人々に対し、(意識的か無意識的かは別として)差別的な態度を取り、あるいは、心の中で差別意識を持っているのだろうな、と感じたことが。
(※もちろん、イスラムなど宗教の違いや移民、テロの問題等もあり、密接不可分なのですが、ここでは人種による差別に限っています。)

そしてそれは、「差別してはいけない」と言ったり、道徳や啓蒙をしたりすることでは、残念ながら、なかなか本質的には変わっていかないものであるように感じました。

そしてこれは実は、私たち日本人の心の中にも、あるのではないでしょうか。例えば日本で、取引先として現れたのが白人の場合とアフリカ系の人であった場合とで、皆さんの抱く印象は全く同じでしょうか? あるいは現在、外国人技能実習等で、主に東・東南アジアから、多くの方が日本の工場・農業、介護等の現場に来ていますが、白人の場合と比べて、皆さんの態度や接し方は、全く変わらないでしょうか?

奴隷解放宣言から157年、ガンディー氏の非暴力・不服従運動から86年、キング牧師の演説から57年、アパルトヘイト撤廃から26年・・・、表面的な状況は、大いに改善されてきています。しかし、人の心の奥底に厳として存する差別の意識、ここを変えることが一番難しいのかもしれません。(その観点では、差別意識をむき出しにする某大統領は、論外ですね。)

この不条理な世界に解決を、と考えるとき、その溝の大きさと闇の深さに、暗澹たる気持ちになります。

しかし、多様な人種の人々が、実際に互いに親類や友人や同僚となり、“真の仲間”になっていったら、それがどんどん進んでいったら、少しずつ少しずつ、真の融和が図られていくのかもしれません。

差別される痛みも、心の中で差別してしまうどうしようもなさも、分かっているアジア人として、私たちにできることは、案外たくさんあるのかもしれません。

(今回、少し情緒的な文章で恐縮です。)
抗議活動から略奪、脈絡のない破壊へと変質してきており、対応は難しいです。とりあえずの鎮静化と構造的要因の解決という時間軸の違う問題を同時に解決していかなければなりません。1991年〜92年のロス暴動を思い出します。スピード違反した黒人男性ロドニー・キング氏を多くの白人警察官が車から引きずり出して殴る蹴るの暴行を加えました。住民がビデオカメラでこの様子を撮影、この映像が全米で報道されました。当時は現場映像が拡散するのは異例のことでした。今は無数の動画が瞬時に拡散する時代だけにさらに対応が困難になります。
90年代初めの差別と格差の問題が何も解決していないばかりか、さらに深刻化していることに憂慮します。さらに大統領がツイッターで脅しめいた言葉を吐くなど、進歩せずに退化していく世界に憂鬱感が増すばかりです。
1968年(公民権運動の後のキング牧師暗殺、RFKの暗殺、ニクソンの「南部戦略」)のときの言いようがない閉塞感と、大恐慌直後の貧困、1918年(スペイン風邪)や1952年(ポリオ禍)の時の社会不安が一気に押し寄せてくる状況。分極化という大きな政治的な制約がある中、抗議運動が社会改革にどれだけつながるか。
トランプ大統領の、ミネアポリス近郊での黒人男性に対する白人警察の暴行事件に対する対応が、最悪なメッセージでした。

“When the looting starts, the shooting starts.”

1960年代の公民権運動の時の白人支配を象徴するフレーズを使い、何を意図したのか?

アメリカのコロナ感染者が貧困層に偏って中でのロックダウンで、生活が苦しくなったのも貧困層。
ロックダウン中のトランプ大統領の言動も、消毒液発言など見るに耐えないものが多かったです。

サミットを前に、アメリカの影の部分の不満が爆発するのは、大統領選挙にもかなりの影響を与える筈です。
アメリカはほんの50年ほど前にはとんでもない人種差別と弾圧を国民をあげてやっていた国ですよね。
私はその反省から今のアメリカがあると信じたいのですが、こんな事件があるとそんな気持ちも揺らぎますね。

日本の有識者の中にはトランプ大統領を評価する方もおられますが、弱者への思いやりのない発言を聞く度に、もはや覇権国の資格がないのかもしれないと感じます。

こんな中で。日本政府は中国にもアメリカにも何も言わない。
これが安倍さんの言う美しい国なのでしょうか。情けない。
本日は、我が家の前でもデモ隊が行進し、こちらはピースフルに進んでいましたが、夜になった瞬間に、マンハッタンでも警察車両が燃やされたり、いくつかお店が破壊されたり、激しさを一気にましました。

ブルックリンでは、警察車両が民衆に突っ込んだり、デモ隊と警察の間の不信感がどんどん高まっています。