新着Pick
228Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「米国の警告に即座に対応しないテドロス氏にトランプ氏が業を煮やしたとみられる」
 テドロスが対応を示したところで、トランプは絶対何かに難癖を付け、文句を言って脱退すると叫んでいただろうから、結果は同じ。産経はトランプに甘すぎる。
WHOの中国寄りは明らか。巨額の拠出金がなくなり、WHOの懐事情は厳しくなると思いますが、そうすると拠出金に占める中国の割合が極めて大きくなり、もはや国際機関ではなく、中国寄りの団体になってしまう。こうした団体がそもそも国際機関として存在意義があるのか。台湾に対する対応、中国のコロナ発生後の調査へのふみこみのなさなど、WHOの今回の対応は、アメリカが怒るのも致し方ない。
この産経の記事が指摘しているとおり、米国のWHO脱退でWHOの中国寄り体質が加速する。中国は明らかにそれを待っていたから、20億ドルを拠出する構想を早い時期に提案していた。中国の仕掛けたワナに嵌まってはいけない。このままだと日本は「米国脱退後の中国寄りのWHO」への予算を毎年、数百億円ずつ支出してゆくことになる。こんな展開は到底受け入れられない。米国、英国、日本が中心となってWHO抜本的改革のための共同提案をまとめるとき。
これで中国よりが進めば、トランプさんは、「中国よりが証明された」というだろう。
事態は、第二WHO設立に向かうかもしれない。
そこまでいかずとも、「世界の保健衛生のための有志国連合」wp作りたいとトランプさんが言い出す可能性もある。
中国寄りであろうがアメリカ寄りであろうが、
人類のために適切に活動してくれていればなんら問題ないはずなのだけれど、今回のコロナでの対応でWHOが全く信頼できる機関ではないということを実感したのは僕だけではないのでは?
WHOというより事務局長に不信感がありますね。
大統領選挙までのことでしょう。