新着Pick
294Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Afterコロナからが本当の正念場。以前の状態にとどまることなく、進化する方向に向かうことは間違いないと考えるけど、どのような流れで変化していくのかは、注視しながらの再開です。
おそらくですが、「手洗い」の定義が皆の中で変わっている事も重要。昨年までの手洗いの定義は、トイレの後に手洗いをするかです。しかし、今年の手洗いの定義は、トイレの後だけでなく帰宅後を含みます。もちろん、水で手洗いをするのではなく、石鹸で手洗いをすることと意識も変わっているはずです。調査の定義には、この辺りの事が書かれているかは不明ですが。

平成27年度の調査では、日本でも石鹸で手を洗う事を気をつけている人は64%となっているようです。

https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/food_safety/risk_commu_norovirus/pdf/risk_commu_norovirus_shiryou4.pdf

マスク着用の定義はそれなりにシンプルなので、ある程度しっかりした数値が取れるはずです。しかし、手洗いに関しては、まず定義付けをきちんとする事から始めた方がいいかもしれません。

ちなみにアメリカの2009年の調査では男性31%、女性の65%しか手洗いをしないと調査で出ています。

https://www.japantimes.co.jp/news/2020/03/06/world/science-health-world/hands-men-worse-bathroom-hygiene-prevents-coronavirus/

世界でも5人に1人しか石鹸で手洗いをする人はいないようです。

https://www.wateraid.org/jp/news/4-out-of-5-people-worldwide-do-not-wash-their-hands-after-going-to-the-toilet

結構、手洗いって徹底されていない行為なんですよ。もちろん、我々日本人も含め。石鹸で手洗いをする意識と環境整備が大切ということです。
昨日は一日中店頭の応援で、唯一先に営業再開している食品フロアに立っていました。入口に立ち、入店客に手の消毒を促し、消毒スプレーを吹きかけるだけ。。。

新宿駅隣接の店で、且つ土曜日なので、どんな塩梅かとやや心配していましたが、スプレーボトルを持った私が入口に居るだけで、入店客は何も言わずとも、私に手を差し出しながら入ってきます。凄いと思いました。
この「空気を読む」力の凄さは、あまり物事をストレートに言わない日本人だからではないでしょうか?

新宿駅という大変人通りの多い環境で、様々な方がいらしてもおかしくない場所柄ですが、私が立っていた入口から入ったお客様はマスク着用率100%でした。

そして、「アルコール消毒へのご協力ありがとうございます😊」と言いながら、お客様の手にスプレーすると、大概「ありがとう」と逆にお礼を言われたり「ご苦労様」とねぎらいの声をかけていただきました。

こんな状況だから、「営業再開しました!!!!来てくださーーーい!!!!」みたいに人を集めてしまう宣伝も出来ない中、ご来店いただいた方々には本当に感謝の念しかありません。お帰りになる方々にも、マスク+フェイスガード越しに「ありがとうございました」と一人一人に御礼申し上げました。

一日で、ここまで沢山の「ありがとう」を言った事も、言われた事もありませんでした。

ギスギスした世の中、人を陥れ・けなす言葉を発してストレス発散する人が目立っていますが、みなさん、「ありがとう」や褒め言葉を、これでもかと発してみて下さい(嘘はダメ)。すごく、心が暖かくなり、汚い言葉を発する気持ちになんてなりませんよ。
私自身の変化として、
いままで毎週映画を見たが、今は毎週自宅でテレビを見る。
いままでほぼ毎日外食したが、今は必要によってデリバー。
いままで毎週どこか地方へ取材にいったが、1月20日から5月いっぱいまで一切北京を出ていない。
1月20日の前に戻りたいが、なぜかいまの暮らしでもいいとときどき思う。
会社への出勤は1月20日から5月いっぱいまで一日、2時間だけだった。
別に原稿を書かなくなったわけではないが、現場の取材はたしかに少なかった。
やはり日本のマスク着用率は高いですよね。もともと根付いていることに加え国民性でしょうね。もともと習慣のないフランスなどは、これだけ言われても着用率が3割程度、という数字を見たことがあります。予防にどれだけ直接効いているかは分かりませんが、国民性の差は大きいな、と
花粉症はじめもともとマスク慣れしている日本では納得の数字です。昔、欧米人はすっぴんをサングラスで隠して日本人はマスクで隠すなんて笑ったりもました。夏で蒸し暑くなって、どう変化するかですね。
4月はマスク無しで外出すると異様な目で見られるような雰囲気もあったので、マスク着用率が上がったのだと思います。
女性にとっては、手抜きメイクで外出できるというメリットもありました(笑)

新規感染者が減って気持ちも緩んできた時期に加えて、気温が上がりマスクが暑くなってきたので6月以降はマスク無しの人も増えそうです。

市場のマスク価格が落ち着いてきたので、手に入りやすくはなりましたが。
マスク着用率が昨年に比べ66ポイント増。多くの人がマスクをつけていると言われる日本でもこの変化。
誇るべき結果だと思います。欧州では相手の感情を測るときに口を見て判断する文化があるからマスクが定着せず、日本などアジア諸国では目を見て判断するからマスクに抵抗が少ないと聞いたことがありますし、そういう文化の違いも定着率上昇に寄与してそうですね。
Stay Home とマスク着用は効果が無かった
https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2020.05.01.20088260v1

Stay Home やマスク着用は免疫力が落ちて感染症に罹りやすくなる
http://hokuonow.com/2020/05/03/corona-dr-erickson/

オックスフォード大学の理論疫学教授「ソーシャルディスタンスを続けると免疫力が落ちて感染病に弱くなる」
https://unherd.com/2020/05/oxford-doubles-down-sunetra-gupta-interview/