新着Pick
172Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
もともと超安全側に振り切った緊急事態宣言なので今更何言っても仕方ないけど、結果論で意味がなかったわけで一部の産業を暴力的に破壊しようとしたことは深く反省して再発防止策を練って欲しい。人間は間違うけど、再発防止もできる生き物だから。
こういうものは、報道の見出しに頼らず、原典に遡って公表された資料をしっかり読み込む必要がある。
自分の生活や仕事に関わる重要事項なので、横着をせず、オリジナルのデータや分析を見て理解する努力を惜しんではいけない。
それをしないと、勝手に(過度な)取り越し苦労をして悩みを抱え込む人が増えるだけだと思う。

今回の「提言」は全体で47ページあるが、その中で12ページから16ページにかけての「3.新規感染者数・死亡者数のこれまでの推移等に関する現段階の評価について」にこれまでの振り返りが詳しく書かれている。
それによると、新規感染の「感染時期」のピークは4月1日頃であったとの推定が示されている。今回の感染症の性質(感染してから発症までの期間が通常のインフルエンザなどより遥かに長い)からして「後から振り返ってしか感染時期が正確には判らない」のが悩ましいところ。
今回は、「感染のピークをすぎた後で」強烈な「経済封じ込め」のハンマーが打ち落とされた可能性がある(1990年代ののバブル叩きでは、当時の統計の限界からで経済の過熱がピークを過ぎてから経済を叩き過ぎてしまった)が、ビッグデータを活用した景気分析のように技術的に速報性を高める手段が限られているので「大は小を兼ねる的な対策」政策を取らざるを得なかったという面もある。これは、判断ミスではない。
しかし、だからこそ、政府は「経済の立て直し」に注力しているのではないかと受け止めると今起こっていることの辻褄があうようにも思う。


報告書の全文は↓に貼っておくので、時間のある時にではなく、時間を作って読んでほしい。

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議 「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」(令和 2 年 5 月 29 日)
https://corona.go.jp/expert-meeting/pdf/jyoukyou_bunseki_0529.pdf

https://corona.go.jp/expert-meeting/#expert-meeting

ついでに、産業別ガイドラインも随時追加されているので、ワンストップでみることができるサイトのリンクを貼っておきます。
https://corona.go.jp/prevention/pdf/guideline_20200527.pdf
若い人の致死率がほぼ0なのに、休校と休園をしたことが意味不明です。
これは結果論ではなく、当時からわかっていたことです。

在宅勤務できる人は保育園に預けないで下さい、というのも育児をなめています。
幼児がいて仕事なんてまともに出来るわけがありません。
それが可能なら、保育園に預けられなかったから、復職できないということはないはずです。

その間、幼児や学生の交通死者はいます。
それなのに車の運転を停止はしていません。
なぜコロナだけが過剰な0リスクを目指すのか、理解出来ません。

3歳の子が祖父母の家に預けられて、トラクターに挟まれて亡くなった事故がありました。
高齢者の致死率が高いのに、祖父母の家に預けるのは本末転倒ですし、預けなければ、この子は亡くなりませんでした。
保育園を休園したり、過剰な不安を煽るから、こういうことになるんです。
結果的に遅くなった理由を詰め、次に活かしてほしいです。ここはぜひ「カイゼン」を。

でも個人的に気になるのは、宣言の早さ遅さよりも37.5℃4日間とかの話です。ひょっとして、あと1日早く病院に行っていたら、助かる人がいたかもしれない。どうしてもそう考えてしまうからです。どのあたりまで本気でそうあるべきだと考えていて、どのあたりから「怪しいな」という感じになったのか。その時に前言を翻すのに時間がかかり過ぎなかったか。もっと早く方針変更するには、なにを改善すればよいか。

「最初からそんなつもりじゃなかった」というまとめでは、同じことを繰り返す気がします。
あくまで結果論でしかないというところもありますが、緊急事態宣言がピーク後になったのは政治判断で専門家会議は前から伝えていたところもあると思います。
4月下旬の専門家会議の資料では、実効再生産数は4月当初から1を下回り、中旬以降は0.7程度でした。

緊急事態宣言を考える4月頭の時点ではこうした事態がわからなかったゆえ、その発動は妥当だろうけれど、5月6日をさらに延長する必要はまったくなかったのではと思います。
私は4月1日の状況分析を見た時からずっと緊急事態宣言は必要無いと言い続けてきた
https://www.facebook.com/kawamura.masaharu/posts/2963773637046339

5月29日の状況分析では緊急事態宣言が必要無かっただけでなく「効果も無かった」事が示された
https://www.facebook.com/kawamura.masaharu/posts/3094806583943043