新着Pick
3216Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Sozo Venturesの松田です。これまでSozoではほとんどメディアの取材を受けてきませんでしたが、後藤さんの「シリコンバレーのリアリティを伝えたい!」という熱い思いに共感し、取材を受けることになりました。記事の中にもあるようにシリコンバレーでは有力投資家が富を寡占しており、明確な価値がなければ有力案件に入り込むことができません。いわば投資家や大企業は有力スタートアップに「選ばれる側」なのです。MUFGさんなどの中核のパートナーといかにそう言った価値を創ってきたのかを今後の連載の中でお伝えできればと思っています。

尚、記事の中の大誤解の出来事は実際に我々が見聞きしてきたものです。今回の連載がこういった失敗を未然に防ぎ、日本企業のシリコンバレー活用の一助になれば幸いです。
SOZO VENTURES 中村です。SOZOはVCは黒子であるという考えで、これまでメディアにも出てきませんでしたが、取材の趣旨に賛同させて頂きましてご協力させていただくことにしました。

私どもの方からお伝えしたいことですが、ベンチャーに関しても通常のビジネスと同じように適切なデーターを取り評価していくべきということ、VC /VC投資に関しても他の投資と同じように適切にデーターに基づいた評価をしていくべきということの2点をお伝えできればと思っています。どこに投資したという情報だけがベンチャー投資に関しては議論されがちな傾向があると思います。一例として、投資が良いかどうかを判断する際に、投資銘柄だけではなく、投資時の価格をはじめとする様々な条件を加味してより緻密な議論、検討の必要があるということにより多くの方が気付いていただけると良いなと思っています。

一つ補足させていただくと、シンプリシティの為、上場直前の投資の難しさをクローズアップした形にも読めますが、同投資は一部の金融機関がこれまでもおこなってきた投資です。ただし、景気動向の影響を受けやすいという点があり、景気動向のリスクを吸収する仕組み、例えば価格をよりしっかりと評価したり、投資を伸縮的にしたり、運用期間を長くし景気変動を吸収する等の考慮が必要だと思います。そのような仕組みを運用期間が定まっており投資期間中はコンスタントな投資を行うVCファンド的な投資で作るというのは課題になるかと思います。

弊社としてはこれまで投資先をはじめとしたベンチャーの方に色々なことを教えて頂き(葉村様コメントありがとうございます!)、戦略投資家の皆様にも支えられながらこれまで試行錯誤をしながらやって参りました。その恩返しと言ってはなんですが、私共の学びを一例として皆様にお伝えできればと考えております。今回の取材等にご協力いただいた三菱UFJ銀行 大澤様、斎藤様、SOMPOホールディング,櫻田様、楢崎様、池端様、第一生命、寺本様、岩井様、三ッ扇様、サントリー新浪様、田端様、ローソン竹増様、牧野様、ヤマトホールディングス 長尾様、牧浦様、枡田様、OPT野内様、坂本様、NESIC 野田様、眞下様、富士通、石川様にもこの場をお借りして感謝させていただきたいと考えております。
日本企業は、イノベーションという言葉になると値札を忘れるーー。つまりボッタクられる。シリコンバレーでは、そのように耳にします。

そのシリコンバレーの奥の院と呼ばれるのが、ベンチャーキャピタルの世界です。UberやAirbnb、Zoom、Snap、WeWorkといった有名ベンチャーの裏側には、ダイヤの原石に投資する、無数のベンチャーキャピタルの存在があります。彼らはどういう生態系を築いてきたのか。1週間にわたって、マネーの源泉をレポートします。

案内役は、昨年までホームページすら存在しなかった、シリコンバレーの投資集団「SOZO Ventures」。かつてヤフージャパンを孫泰蔵氏と立ち上げた人物が、おどろくべき事実をデータに基づいて見せてゆきます。

ちなみに全米10,000社(CVC除くと6,000社)のうち、巨額のリターンを独占してるのは、わずか1%以下のトップVCたち。そのメンツの過半が、半世紀を経ても変わっていないーー。イノベーションという言葉や、派手なスター企業たちの裏側で、ずっと笑っていたのは誰なのか。1話目は壮大なインフォグラフィックを、ぜひご一読ください。
シリコンバレーVCの概観が掴める内容ですね。
ベンチャー投資は私募であるということ。そうであるが故に「お友達ディール」が成り立ちやすいゲームであることが端的に表れているのではないでしょうか。
どれだけ凄腕のトレーダーでも、買えないことにはリターンを上げようがありません。

良記事なので、捕捉のために、敢えて気になる点を挙げると、アセットクラスや投資家としての性質を考慮せず、単純にエントリー時の評価額や投資リターンを論じても意味がないということです。
「キラキラ投資」の説明の中に伊藤忠や三井物産、トヨタ自動車という企業名が出てきますが、これらの企業はそもそもVCではありません。純投資ではなく、多分に戦略的な連携を加味して資金を投資していることを思うと、未上場のスタートアップといえども、評価額が高くなる程度に十分に事業モデルが確立した相手でないと、なかなか投資はできないはずです。
最近だとフィデリティやベイリーギフォードなどの上場株投資家が、上場前のラウンドにごくごく一部の出資を行うこともありますが、エントリー時のバリュエーションを見て「VCよりも高値掴みしてる」と指摘する人はいないんじゃないでしょうか。逆にこうした投資家が、ハイリスク・ハイリターンを狙うVCのように、50xを狙って初期のスタートアップにガンガン投資していたら、それこそ怒られそうなものです。

トップVCのパフォーマンスの高さを際立てるために、敢えてコントラストを示そうとする意図は理解しますが、単純にエントリー時の価格を比較して優劣を測ろうとすると、本質を見誤ります。
また、初期から投資している成功案件の裏側には、大量の失敗案件があることを忘れてはいけないでしょう。
アセットクラスの異なる投資家のリターンを並列で論じるのではなく、ピッチャーの先発、中継ぎ、抑えのように、役割分担で捉えるべきでだと考えます。
私がLP(ファンド出資者)なら強いVC(sequoia、a16z他)に直接出資したくなりますが、top tier VCには一見さんでは簡単に投資させてもらえないという実態もあります。
こういう戦い方もありますね、と思いました。
日本で出来ること、東南アジアでできることをしっかりやっていこうと、身が引き締まるお話でした。
錚々たるトップ企業に投資しているバンチャーキャピタルはシリコンバレーでもわずかしかありません。

その中で、パランティア、ツイッター、Zoom、Square、Coinbase、錚々たるトップ企業に投資したり、日本への事業展開を徹底的に担っているのがSOZOベンチャーズです。

取材をすればするほど、厳しい業界の中で、SOZOがどれだけ徹底的にデータを使い、自分たちの哲学を貫き、高い成績を叩き出しているのかが良くわかりました。正直、興奮しました。

VC業界は、ウェットな村社会で、いいディールを掴むには人脈と、コネなどとも言われますが、そこに、異色の日系VC、SOZOがどう食い込み、VC業界、起業家たちを見ているのかは、シリコンバレーを見ている全てのビジネスパーソンにとって非常に有益な資料になるのではないかと思います。

コロナの状況の中、シリコンバレーと東京を結んで約半年かけて取材したSOZO特集、いよいよ始まります!
どこにも記載ないけどPhilはJAFCOマフィア。海外組だけど。
2000年頃まで当時のJafco America Ventures にいたんですよね。
そこで渡米したばかりで本当に右も左も分からない私の先輩役として、他のキャピタリスト達は連れて行ってくれない投資先の役員会に彼だけが朝6時から連れて行ってくれたりしながらアメリカの投資の仕組みの全てを教えてくれた、命の恩人です。この世界で成功しているアメリカ人には珍しい優しい人物。
カウフマンというJEDI騎士団の様なVC界の大樹の主になって本当に嬉しい…
つい最近までウェブサイトすらなかった、謎の投資集団がいる。今週はシリコンバレー支局の後藤副編集長、洪記者らを中心に長期間取材を続けてきた、一大特集をお届けします。SOZO。シリコンバレーという排他的な村社会のインナーサークルに食い込み、しかも緻密にベンチャー投資を科学する集団です。

アップル、グーグル、フェイスブックに限らず、Uber、ZOOM、WeWork、Slack、さらに最新のスタートアップたちを草創期から支えてきた、「本当のVC」たちの勝者の条件とは果たして何なのか。

日本の大企業にありがちな、有料銘柄にあとから投資をして“バッジ“をつけるという「サラリーマン投資」とは一線を画す、プロの世界を紐解いていきましょう。あるいはソフトバンクビジョンファンドがなぜ、いかに厳しかったのか、コインの裏表のように理解できるはずです
セコイアキャピタルだけで運用額は182兆円もある。(*$1.4 trillion of combined stock market value , 運用額という表現は正しくないですね。失礼しました。)
その創業者のドン・バレンタインは昨年亡くなったが、もともとはフェアチャイルドセミコンダクターに勤めていた。1972年に創業後、アタリなどへの出資、アップルにマイク・マークラを紹介したり、取締役を歴任したりとシリコンバレーの企業に深く食い込んできた歴史がある。この「実績」に勝る信用は無いだろう。

シリコンバレーの成功の歴史とは技術の潮流を感じられる肌感覚、商売のにおいを嗅ぎ分ける嗅覚、人を見る目を兼ね備えた投資家たちと技術とビジネスを掛け合わせて世界に問うことができる経営者たち、そして、現場で高い付加価値を出し続けられる設計者たち、エンジニアたち、デザイナーたちの掛け合わせによって生まれてきたものだと言って良いのだろう。

前から言ってますが、日本のエンジェル投資家だと平強さんをぜひ取材して欲しいんだけどなあ。

あと、日本企業がインナーサークルに入れてないという話は前からずーっと指摘がされてるが、インナーサークルに入ってる人たちに加えてもらうには日本企業は意思決定に時間をかけ過ぎるし、経営者たちが技術の目利きでもないし、ビジネスの嗅覚も無いってことなんでしょう。ぜーんぶ、経営者の問題。
三菱商事時代の同期でシリコンバレーに投資ファンドを設立した中村幸一郎さんの物語です。テレワークのZoom、COVIDー19の状況把握に使われるシステムのPalantir、仮想通貨市場大手のCoinbase、物流にイノベーションを起こすFlexport等、注目のポートフォリオはキリがないですが、彼の投資哲学をNPを通じて知ってもらえれば!

SozoのパートナーのKoichiro Nakamuraさんご本人のコメントや、プリンシパルのMatsuda Hirokiさんのコメントにも注目。
この連載について
アップル、グーグル、フェイスブックを育ててきた、シリコンバレーのベンチャー投資産業。その輪の中にいる投資集団「SOZO」が、初めてベンチャー投資の舞台裏を案内する。