新着Pick
674Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
希望も込めて「再起動の6月」になってほしい。スポーツも続々と再開されますし。
そして、コロナ禍のバタバタで失念してましたが。汗
キャッシュレスポイント還元事業は6月30日迄でしたね。
人気 Picker
3月からこのカレンダー記事を毎月作っていますが、6月は「霧が晴れた」という印象です。まだまだ「第2波リスク」を横にらみの展開ですが、めどでも日付が明確に見えてきました。

みなさまの6月の注目イベントは何でしょうか?

個人的に気になるのは、ブラジルやメキシコで感染が広がっていること。南半球が多いラテンアメリカで拡大すれば、北半球が寒くなる時に、またコロナのバトンをもらうことになりそう(科学的根拠はないのですが)

【追記】アメリカ時間で5月30日、早速延期イベントが出ました。「Android 11」が延期です。
6月は梅雨入りですが、コロナ明けの月になって欲しいですね。明るい話題が少しずつ増えてきています。

6月30日でキャッシュレス還元事業が終了しますが、キャッシュレスの利便性に慣れた人たちは現金決済には戻らないでしょう。

COVID-19パンデミックで人々は感染の恐れがある現金を使わなくなっている。世界的トレンドは衛生的に安全なキャッシュレスの非接触決済。

しかし、いまだにスーパーやコンビニのレジで現金を利用している人が多いのには驚きます。マスクをつけ、アルコールで手を消毒している人が、札や小銭のやりとりをしています。
8割経済、7割経済でもいかに生き残っていけるかが問われてきます。短期的にやり過ごすのではなく、ここで抜本的に変革を図る。今の時代、コロナ以外でも危機は定期的にやってくる。事業構造、収益構造、財務構造を三位一体でアップデートさせる。6月からが本当の勝負です。
自粛解除になりいろいろ日常が動き出し、その一方で変化のあったものの見える化する月になりそう。テレワークの定着や、飲食や外出。エレベーターに貼られたテープや人数制限、トイレや飲食店での各種ルール、これが違和感なくなる頃には施設の使い方や人の動き方も変わっているように感じる。
あれほど待ち望んだ外出も面倒に思えるようになるかもしれない。また、失業関係の数値と現実と乖離は数ヶ月のタイムラグあるようにも感じる。世界中が傷んだ今回のcovid-19、多くの国がニューノーマルの時期がスタートしたが、一方でまだ多くの国がピークに向かう途中という状況を考えると、人のグローバルな交流には慎重にならざるを得ないと思う。
世界的にも経済活動の再開が各地で始まりつつありますね。

ようやくスポーツを見られるようになるのは、多くの人々のストレス解消になるのではないでしょうか。いち早く再開したブンデスリーガには、それまでフォローしていなかった世界中のサッカーファンがアクセスしてますね。真面目な話、スポーツは代理戦争・喧嘩の様なもので、リアルの暴力を抑制する働きがあると思います。

自宅待機下で特需を享受していたオンラインのエンタメ・メディアにとっては、徐々にバブルが収束していきそうです。
これは見やすくて良いですね。希望を言えば、ここに過去の重大事件のアニバーサーリーが加わるといいなー。
6/4天安門事件記念日、6/9香港数若万人デモ1周年など・・
このカレンダー面白いですね。過去を振り返るのではなく、未来にフォーカスする。2020年版とか3年先版とかもあったら面白そう!
ありそうでなかったのですが、こういった形で世界と経済の動きがわかるのがとてもありがたいです。コロナもまだまだ予断を許しませんが、少しずつ明るい話題も入って元気になれればと切に願います。
少しずつ気温も上がって、梅雨入りしてジメジメして、梅雨明けして。7月を迎える頃には夏を感じるニュースが増えると良いな
この連載について
経済ニュースを「数字」でつかむNewsPicks編集部オリジナル連載。NewsPicksが注目する企業の決算・会計から、マーケットの話題、投資まで。様々なテーマを「キーナンバー」で読み解くことで、ビジネスパーソンに必須の「数字感覚」を養おう。