新着Pick
127Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まあどんなに水準が低くとも、景気が上向けば景気は谷をつけますからそうでしょう。
ただ、重要なのは水準です。
恐らくその視点でみれば、来年度末でもコロナ前に戻るのは難しいかもしれません。
企業倒産件数は、(裁判所や弁護士の業務縮小の動きなどにより)5月にいったん横ばい、ないし落ち込む可能性があるものの、6月以降、本格的な増加局面にシフトする懸念あり。中堅から大企業クラスの大型倒産発生にも要警戒
5ー6月が谷になるのはまず固いと期待して、後退に入る直前の山はどこだったのか…
中小企業でも資金調達したものが、未来への投資に繋がるか足元を凌ぐだけになるか。後者であれば急回復しても少なくとも同水準にならないと厳しさは続く為、まだまだ楽観できないと感じています。
「期待指数は、過去、景気の山・谷に2、3カ月先行しており、同指数から見ると、5月か6月が景気の谷となる可能性がある」
明るい見通し。ここ数日株価が非常に堅調ですが、いつまで続くのか。第二波については皆さん引き続き注意をされている状況だと思います。
PMIは5月に小幅上昇
ヒトの動きは回復
馬鹿げてる。

経済分析は占いではない。