新着Pick
102Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
1.5万人、全社18万人の8%。
日産、三菱と併せて、先日リーダー・フォロワー戦略が発表された(①)。それが決まったことでの対応だろうが、フランス内も結構多い印象(フランスの従業員数の10%弱)。
日産は世界で2万人削減の計画が報道されている(②)。グローバルの従業員数が2019年12月時点で約14万人なので報道を真とすれば約15%。販売目標は2022年度600万台→2023年度500万台とー17%。
販売台数では日産は約550万台、Reanutlは400万台弱。
https://newspicks.com/news/4940230
https://newspicks.com/news/4926760
https://newspicks.com/news/4921994
こうした動きは、今後どんどん広がります。傷を浅くできるかどうかは経済活動を回すかどうかにかかっています。
経済対策は、経済活動が回ってこそ、効果を成します。
斎藤さまが述べているように、人(社員)はコストではありません。
「世界生産能力は400万台縮小し、330万台になる可能性がある」…この数字からすると、製造現場の人員が対象でしょうか?

製造業の場合、生産数が減ると、その部分の設備と人員が、完全にコストとして経営に重くのしかかります。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
40万台縮小の間違いでは?
ルノーの販売台数は380万台程度。

『仏紙レゼコーは28日、同社のモロッコとルーマニアへの投資・事業拡大計画は凍結される見込みで、世界生産能力は400万台縮小し、330万台になる可能性があると報じた。』
ルノー(Renault S.A.)は、フランスのパリ近郊のブローニュ=ビヤンクールに本社を置く自動車製造会社。 ウィキペディア

業績