新着Pick
437Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
最後のグラフが強烈。コンデジは完全にスマホに食われ、一眼レフも一時は多くの人に広がったが最近はスマホでもボケが出せるようになって、利便性などと併せて厳しい印象。
なくなる世界ではないが、需要構造がテクノロジーで完全に変化している。
僕らの世代は「家電はSONY、カメラはNikon、クルマはHonda」がcoolだったんだよな。
スマホのインパクト・・・凄いだろうとは想像はつくけど、やっぱり凄い。
世界中で撮られている写真の枚数は絶対にかなりの高い率で成長しているハズだけど、撮影された写真のデバイス別シェアなんかみると、もっとすざまじいことになっているわけだ。
通常の日常での活用シーンでは、下手な一眼レフカメラより、最新のスマートフォンの方が、見栄えがよい写真が撮れるのと、スマートフォンであれば、その場で写真をシェアできるため、デジタルカメラが必要とされるシーンが激減してしまった結果だと思います。

市場のパイが、これだけ縮小してしまうと、もはや「ニッチ市場」としか考えられなくなるので、各社ともに覚悟を決めないといけないでしょうね。

もう既に、スイス製機械式時計と似た市場になっているとも感じていますが…

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
改めてスマホ以前はコンデジの需要が大きかったのだなと思わされます。
カメラ全体がずっと下げ調子ですが、一般・アマが全てスマホにシフトし切ってプロユースだけになったら、この傾向は止まるんでしょうか。どこかに底があるのか、各メーカーの考えを聞きたいところ。

スマホがいくら画質が良くなったからと言っても、たとえば結婚式やらイベントなどの晴れ舞台で、有償で依頼したプロがスマホで撮影しようとしたら客は怒るでしょうし(現時点では)、そこら辺の感覚が、一眼機が生き残れる最後の望みですよね。
スマホでも有償撮影に耐える撮影ができて、プロが使うカメラもスマホで良いと客側が認識し出したら、いよいよ終わる気がしますが。

個人的には、しっかり設計されたレンズで、電子補正なく光学的な機構でもって美しい絵が結像できるシステムというのにロマンを感じているので、無くなって欲しくないとは思っていますが。(もちろん万人に適用されうる考えでないのも理解はしています)
アサヒカメラ休刊がシンボリックですね。コンパクトはスマホに奪われ、レンズ交換式は機能アップの限界効用が低下する中価格だけ上がるため市場の買い替えサイクルが伸びたことがこの背景と言えるでしょう。
スマホ普及によって、この10年でデジカメが「1億→1500万台」とのこと。SNS投稿もスマホで撮って、そのままアップできるから便利だし、アプリも多様にあるから当然かも。。ただ、こだわりたいシニア層やスマホの外付けはなんかまだまだ商機がある気がするけどな。
名門ニコンの苦戦とは裏腹に、ソニーのミラーレス一眼レフの好調が光っています。
市場が正にディスラプトされている。こんなに急速に市場が縮小する中での事業運営は相当大変であろう。
出荷台数エグい。10年で約1/10に。
この連載について
経済ニュースを「数字」でつかむNewsPicks編集部オリジナル連載。NewsPicksが注目する企業の決算・会計から、マーケットの話題、投資まで。様々なテーマを「キーナンバー」で読み解くことで、ビジネスパーソンに必須の「数字感覚」を養おう。
株式会社ニコン(英語: Nikon Corporation)は、日本の光学機器メーカー。カメラ、デジタルカメラ、双眼鏡、望遠鏡、顕微鏡、ステッパー、メガネ、測定機、測量機、光学素材、ソフトウェアなど光学関連装置の大手メーカーであり、三菱グループの一員。三菱金曜会及び三菱広報委員会の会員企業である。 ウィキペディア
時価総額
2,489 億円

業績

富士フイルムホールディングス株式会社(ふじフイルムホールディングス、英語: FUJIFILM Holdings Corporation)は、富士フイルムと富士ゼロックスを傘下に持つ持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
2.80 兆円

業績

業績

オリンパス株式会社(英語: Olympus Corporation)は、日本の光学機器・電子機器メーカーである。本社は東京都新宿区西新宿に所在。 ウィキペディア
時価総額
2.73 兆円

業績