新着Pick
53Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
タイトルは煽りすぎですが、新卒を一括で採用し、ローテーションさせながらジェネラリストとして育てていく(生え抜き以外は亜流、傍流)という日本的雇用システムを本気で見直すべきタイミングだと思います。
ジェネラリスト的な人材育成を重んじすぎた結果、日本の大企業には特定分野の専門家が少なすぎます。AI技術者などはその最たる例です。
「同じ釜の飯」で育った仲間は大切ですが、外部から登用した人材とあわせて如何にベストなチームを作るかを、経営者が率先して取り組まなければ、日本企業は世界から後れをとるばかりです。Diversityに伴う「居心地の悪さ」を乗り越えてこそ、組織は成長できるのだと思います。
今の時代に、未だ「低学歴」という言葉を使われているとは…「学歴」という言葉自体が死語とは言いませんが、以前ほど意味をもたなくなっているのではないでしょうか?

残念ですが、古いHRの考え方を踏襲した記事のように感じます。AI人材に関しても「使いこなせる」という表現ですから…

もう令和の時代なのに、昭和の感覚のように感じます。申し訳ありません。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません