新着Pick
18Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
737MAXの事故に加えて全世界的ロックダウンによって航空需要が一気に蒸発した中で崖っぷちに立たされたボーイングが、政府の支援を受けつつ、それでも737MAXを作らざるを得ないのはその下にぶら下がるサプライチェーンがあるから。しかし、先行きの見通しがあるわけではない。
サプライチェーンを維持する必要はあるのでしょうが 「在庫が膨らみ、今年1月から停止」、「運航再開に必要な当局の承認は得られていない」、「注文のキャンセルが相次いでいる」というなかで、社債発行で自ら資金調達して「破綻懸念は遠のいている」とはいうものの「業績不振にあえぐ部品メーカーを支える狙い」だけで生産を再開するというのは意外な感じがしないでもありません。生産すれば固定費が製造原価に算入されて費用化せず、会計上の損益が見かけの上で改善するといった事情でもあるのかな。個別事業の採算をキャッシュベースで考える米国でそんな判断がなされることは無いと思うけど・・・  (・・?
運航許可が出ていない中での生産の限定的再開。6700人の非自発的解雇と同時に進みますので、穏やかではない従業員も多いかと。 
 今回の生産再開の狙いは(おそらくコロナ対策を踏まえた)生産ラインの改善を試験的にやってみることにあるようです。737Max運航再開のプレリュードだと考えたくなりますが、まだなんとも。
在庫がはけたわけではないものの、稼働により部品メーカー支援の意味もあるそうです。
ボーイング(英語: The Boeing Company)は、アメリカ合衆国に所在する世界最大の航空宇宙機器開発製造会社。1997年にマクドネル・ダグラス社を買収したため、現在アメリカで唯一の大型旅客機メーカーであり、ヨーロッパのエアバス社と世界市場を二分する巨大企業である。また旅客機だけでなく、軍用機、ミサイル、宇宙船や宇宙機器などの研究開発、設計製造を行う。 ウィキペディア