新着Pick
61Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
従業員の10%にあたる1万6000人削減としているうちの6770人レイオフですね。全体では10%ですが防衛などはあまり減らせないので、民間機部門を15%以上削減する計画です。

新型コロナウイルスの感染拡大前から米中貿易戦争のあおりで787の減産が決まっていたところ、さらに減産。787は月産14機を2022年には7機に半減させるので、当面人が余ってしまう状況です。小型機の737は2021年に月産31機まで回復しますが、民間機の需要が回復するのは早くて2023年でしょう。

目玉だった次世代大型機777Xも、今の状況だと400席クラスはそこまで需要が見込めないので受注は厳しく、ワイドボディー機(双通路機)は787やエアバスのA350に集約されていきそうです。
Boeing自体の苦しさは前から出ていて特にコロナで厳しくなった。それでも人員削減に実際にたどり着くまでにはこのように時間差がある。
既に失業者数はかなり上がっているが、大企業についてはこうやって時差を伴う。今のところは接客業中心に給与が低い職業でガクっと減っているが、他の業種も時間を伴って減っていくと思っている。
やはり、今の状況を考えるとどうしようもないのでしょうね。
レイオフされた従業員の事を考えると、複雑ですが、なんとか生き残って、将来雇用を増やして欲しいです。
ボーイング(英語: The Boeing Company)は、アメリカ合衆国に所在する世界最大の航空宇宙機器開発製造会社。1997年にマクドネル・ダグラス社を買収したため、現在アメリカで唯一の大型旅客機メーカーであり、ヨーロッパのエアバス社と世界市場を二分する巨大企業である。また旅客機だけでなく、軍用機、ミサイル、宇宙船や宇宙機器などの研究開発、設計製造を行う。 ウィキペディア