新着Pick
165Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
面接がオンラインのみというのは海外での中途採用などでは良くあることですが(僕もそうでしたが)、日本の新卒採用では珍しいですね。やることは変わらないですが、プレゼン能力の優劣がより鮮明になる気がします。
後は、トヨタの様な規模の企業であればコロナとは関係なしに元々オンライン会議やテレカンが多いでしょうから「オンライン力」も大事ですよね。
学生向けの会社説明会などもオンラインになってきましたね。
私は新卒入社を経験していませんし就活もしたことがありませんが、知人の話を聞いると、地方から都市部の企業に就職をする場合には、就活段階からかなりの労力を必要とするということが見えてきました
そういった身体的労力もリモートで面接をすることで解消できるのではないかと思います
その一方で採用する側としてはある程度は実際にあって話しておきたいという何となくの感覚があります
考えが古いだけの可能性がありますが、とはいえ採用人数が少なければ少ないほど吟味したいと思うし、その吟味に必要なのは履歴書を読む能力ではなくて人柄やちょっとした仕草からうかがえる会社の雰囲気とのマッチングが必要だと思っています
まぁこれは一長一短ですかね
米国のようにすぐに首が切れればいいんですが我が国はまだまだそうじゃないですからね
面接だけそれっぽくこなしてよくわからない人が入社しても結局は人事預かりで飯は食わせないといけない
これさえ解消してくれれば私はフルリモートでもよいと思います
ただ接客を伴うようなものは合わないと見極めがつかんでしょうね
日本の大手企業の新卒採用ではまだ珍しかったオンライン面接。トヨタの新卒オンライン面接導入により、他の大手企業でも導入が加速するのではないでしょうか。就職活動を行う学生の移動負担が軽減できるのも良い点。
学生の間でも感染リスクを危惧する声を聞くので、オンライン化はますます進むと考えられます。

コロナが収まっても、全ての面接をリアルな接点で行う必要はないので、少なくともオンラインとの併用が一般化するでしょう。

授業のオンライン化された今は混乱していますが、過渡期に過ぎません。オンラインに慣れた学生が就職活動するときに、オンライン化していない会社が果たして選ばれるのか。

オンライン化は学生へのメッセージにもなります。
オンライン面接の面接官を何度も務めましたが、何も困ったことはないですね。やや接続に戸惑うケースがあったくらいで。不慣れな方は最初、自分の言いたいことが伝わっているのかどうか不安な様子でしたが、面接官が「伝わっているよ」と態度や所作で表せばすぐにその人らしさが出てきます。

オンライン面接を受ける側のノウハウなどが出回っていますが、する側の力量の方が大切かもしれませんね。
大手企業の動きは注目。オンラインで実施することで中間コストも省くことができるのではないだろうか。
オンラインだろうがリアルだろうが、企業側も求職者側も、自分がこの会社を選んだんだいう腹落ち感が重要に思います。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
22.1 兆円

業績