新着Pick
4Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
最も厳しい航空会社。そのなかでのこれまでの独立の経営方針もあったため政府資本注入に抵抗感があったが、最後はそうなった。
そのなかで、今後の航空業界という観点では、下記の言及が気になった。560機だと現在の74%、660機で87%。それだけリースなども含めて機材の供給過剰が発生するということ。飛ばせなくてもNon-cashだが減価償却費は発生するし、これまでの機材数を前提とした人員にも変更が必要になる。一方で一定の回復をしていく中では、育成にも時間がかかる(パイロットの給与はグローバルに高騰していた)。そこのトレードオフを経営としてどうやっていくか。

『シュポア社長は先週、コロナ危機の前に保有していた約760機のうち飛ばせるのは22年で560機、23年でも660機にとどまるとの見通しを社内に示した。』

業績