新着Pick
383Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Whole Foods, AMC, JCペニー, Fairway Market... 様々な業態がAmazonによって買収されています。街中のリアルの店舗が急速にAmazon色に染まっていきますね。日本でも同様の動きが起こりうるのかもしれません。
急激に店舗網を縮小している飲食店チェーンをはじめ、看板がAmazonに代わるものが増えるかもしれません。そうなるとコンビニ業界も戦々恐々かもしれないですね。
Amazonの年間営業CFは5兆円を超えてきているので、5億ドルの買収額は本業で数日あれば稼げるレベル。先日報道されたJCペニー含めてコロナで危機に瀕している様々なB to Cビジネスの業態買収し、Trial and Errorでデータ収集してくるのでは #米株 #アマゾン
Amazonが世界最大の映画館チェーンAMCを買収との噂。欧州の映画館244カ所2200スクリーンと米国の映画館661カ所8200スクリーン。これはかなりあり得る。この規模での劇場公開が保証されるとクリエイターにはかなり魅力的。時価総額も5億ドルとお手頃。バリューチェーンが大きく変わってくる
ECやオンライン配信もコロナ禍では重要だが、アマゾンとしては徐々に経済活動が再開した場合の「リアル」の強化にも注力する為に割安となったリアル銘柄を物色しているのだろう。
これは、、、!
ニューヨークに住んでるからかもしれませんが、AMC以外の映画館には行ったことありません。タイムズスクエアのAMCにする?68thのAMCにする?リクライニングソファがあるから84thにするか!という感じです。

これは本当だとすると大きいですね…!
『世界最大の映画館チェーンAMCがアマゾンへの身売り交渉』

着々とリアルに触手を伸ばすAmazon。実現したらこれは強力な一手になりそう。
なるほど、amazonらしい、よい視点ですね。

映画館ビジネスだけだと、収支は厳しいですが、amazonのPrime Videoと組み合わせることで、1+1=3的な価値の拡大が期待できます。

amazonの映像ビジネス全体で収益が上がれば、最悪、映画館ビジネスは利益なしのトントンでも大丈夫なわけです。

まぁ、amazonのことなので、今の映画館を、そのまま使うのではなく、独自の工夫をしてくるでしょうね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
ECからバーチャルに手を広げてるのが面白い。
プライム会員は無料になるとかだと嬉しい。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
157 兆円

業績