新着Pick
89Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
航空会社は、売上なくても固定費分の現金が流出。コロナ収束後に返済困難なら追加融資なくなり破綻します。
その際、①日本でいう民事再生で、銀行などの債権大幅カットか、②国などの出資になります。各国の対応に注目。
#スカイマークはコロナに負けない
破綻したものの運航継続とのことで、大手の場合はこうした処理で今後も進むでしょう。一方で航空会社が多すぎる国ではある程度整理する好機でもありますが、既得権でなかなかスリムにならない気がします。

ラタムの記事は細かくはこちらで。
https://www.aviationwire.jp/archives/203202
個人的には「うーむさすが財閥トップは凄い経営者」という印象で「気の毒」という感情は湧きません。むしろ間接的に国民へ与える影響が心配。

この会社はチリでも屈指の金持ちであるクエト率いる財閥と現大統領のピネェラが支えてきました(ピネェラは1回目の大統領就任後、持ち株売却)。その後、カタール航空が大株主として入ってきていますが、最大の株主は依然クエトファミリーがアマロファミリーと出資しているファンド。

CEOの株主宛ビデオをみて、今回のチャプター11の申請は、あくまでエクアドル、コロンビア、ペルー、チリでの債務含めた再編を行い、現下の状況に適応すべくオペレーションを縮小するため、手を売ったものと理解しました。アルゼンチン、ブラジル、パラグアイについては今回のチャプター11の中で再編対象に含まれていないようですね。
ただし、これらの国は今、コロナでひどいことになっており、アルゼンチンについては9月まで国内航空券自体の発売も禁止されているので引き続き各国政府と交渉するのでしょう。

デルタ航空が出資したこともあり4月末にワンワールドを脱退したばかりのLATAMですが、今のところデルタは資金面では支援しないようです。

あとはLATAMの株価が大暴落していますが、チリの民間の運用会社特に確定拠出年金がらみのところはLATAMをポートフォリオに必ずといっていいほど組み込んでいるはずす。よって、このあたり間接的に一般国民にもマイナス影響及ぼすかも。チリ国民でも気づいてない人多いかもしれないけど。
昨晩別記事にコメントしていました。以下転載します。
ーーーーー
LATAMも先日のアビアンカ航空と同様、資本関係はやや複雑です。
そもそもチリのフラッグキャリアであったLAN航空が、2010年に当時ブラジルで最大のシェアを持っていたTAM航空を買収し、新たにLATAMとしてリブランドし運航していました。
また、昨年10月にはデルタ航空が20%の出資をしてきたことにより、今まで加盟していた航空連合であるワンワールドを脱退することとなっていました。

今のLATAMの株主構成は前CEO一家で2割、デルタが2割、カタール航空が1割などとなっており、これ以外にチリの年金基金が16%ほど出資していますが、株式もニューヨーク市場に上場して20年以上経過しており、チリ政府としては地元資本が少なく、まずは法的整理すべきとの判断に動いたものと想像されます。株式がニューヨークに上場されていることもあり、アメリカで破産法を申請することになりました。

とりあえず運航は継続されるということですし、ブラジルやアルゼンチンなどの子会社についてはそもそも破産対象ではないということですから、いきなり航空会社が消えてなくなるということはなさそうです。
ただし南米ではブラジルがすでにコロナ対策を放棄している状態であるほか、他の国でも感染拡大が続いているとのことで、正常化まで長い道のりが想像されます。
Avianacaに続いてLATAMも…南米の大手航空会社はこれで両社とも破綻。
何と。。 ブラジル駐在中は、公私ともに大変お世話になっただけに、残念。
スポンサー見つかり、早く再建されますように!
LATAM航空は米国の裁判所に連邦破産法11条の適用を申請したとのこと。
今後少し便数は回復しそうですが、航空業界の厳しい状況がどこまで続くのか引き続き注視が必要だと思います。
コロンビアのアビアンカ航空に続く、中南米航空会社の破綻。
今後中南米の航空業界はどうなっていくのだろうか。
LATAMもチャプター11。AVIANCAに続きインパクトが大きいですね。ただ、割と早めの決定だったんだと思います。状況が長引きそうなブラジルですからどうせやるなら早い方が良いという見方もできるかもしれません。
まだ平気じゃないですか南アフリカ空港は全員解雇でしたよ