新着Pick
4Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「金利の自由化が進むと、政策金利は金融機関間で資金を融通しあう無担保コールレート(翌日物)に変わった。これに対し、銀行にとって運用利回りとも言える日銀当座預金残高への付利は、政策金利にふさわしいものではない。ただ、マイナス金利を付与された金融機関が、負担を軽減するためにコール市場でマイナス金利での裁定取引を行うことで、短期の市場金利もコール市場と連動してマイナスになる。日銀は、マイナス金利を演出するために、日銀当座預金の一部にマイナス金利(-0.1%)を付利することにして、それを政策金利の位置づけにしたと言えよう」

ここでいう裁定によって、準備預金のマイナス付利が銀行間市場に波及するのは当たり前で、このことから政策金利は銀行間市場金利でも準備預金付利でもどちらでも構わない。むしろ見せかけだったのは僅かマイナス0.1%だけであり、マイナス付利でない準備預金が多過ぎて銀行間市場への波及が緩慢だったことだろう。