新着Pick
165Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
近所の24時間無人ジムのエニタイムフィットネスは、換気もバッチリで、程よい混み具合。利用ごとに除菌ペーパーでトレーニング機器を拭くことがコロナ以前よりから励行されていて、三密状態では全く無い。ステップ3に当初入っていた時はかなり違和感があったが、ここに来てステップ2に。クラスター発生した過去があるから指定されたみたいだが、業界団体のロビイングが功を奏したか。コロナ対策のルールを業界団体などで設定し、安全な形で今後も提供して欲しい。
ジムを早く緩和して欲しい!

湿度が高くなっているので屋外での運動は危険です。

運動習慣がなくなり、生活リズムが狂ってしまっています。
ステップ1、2、3とか、いかにも考えていそうで実は非合理的にしか思えない。スポーツジムやカラオケを今解禁しようと1ヶ月後に解禁しようと、感染リスクが変わるとは思えない。時期の問題より感染防止対策がどれだけしっかり行われているのかの方が重要。対策がとれない業種はいつまでたっても危険なのだから、ワクチン が普及するまで禁止にする方がわかりやすいし、そんな業種はほとんどないだろう(風俗は除く。対策のしようがない)。
東京のジムとカラオケの月平均市場規模はそれぞれ57億円、46億円程度と試算されますので、ここが再開されるか否かではかなり経済的にも影響が大きいと思います。
やはり日本の夏の暑さを考えると、屋内で運動ができるスポーツジムをステップ2に含めるのは健康管理上から正しい選択だいうことができると思う。これは緩和というより適正化と位置付けるべきこと。
ただし、ジムを一律ステップ2に含めるのは少々やりすぎだと思う。
大手のチェーンで一般的な1つのメンバーシップでグループに含まれる複数のジムをどこでも利用できる会員種別は一旦停止すべき。この利用形態を許すとクラスターが発生した場合の経路を追うのは非常に難しくなる。他方、少人数でマンツーマンのプライベートレッスンが中心のジムや、予約制の導入などにより施設ごとに来場者の人数がコントロールできる体制の整ったジムなどは、早期に再開しても、通常の飲食店とリスクに大きな差は認められないと思う。
何事も、リスクのレベルを場合分けして、適正な対応を行なうことが必要だと思う。
ジムについては、施設内の利用の仕方や設備の構成でリスクが異なるのではないでしょうか。

スタジオレッスンは締め切りでやればライブ会場とほぼ同様の環境になりますが、ジムマシンエリアを換気良く使えば、満員電車よりはリスクが少ないように思えます。

個人的には朝5時くらいの誰もいない時間帯に使うので、早く24時間ジムを解放してくれないかなと心待ちにしています。
誤解されがちですが、この緩和方針にジムとカラオケが含まれたのは、国の基本的対処方針に基づき東京都が示した具体的基準です。
「国が25日に公表した基本的対処方針で、両施設の再開指針を示したことから、ロードマップに盛り込む方針を決めた。」

お上からの方針ですし、これは東京圏を意識して策定しているのは明らかでしょうから、東京都に対して問うべきは何故このように具体化したのか、であるべきです。国は緊急事態宣言を全面解除した、都は段階的にしか緩和しない、という間違ったイメージができつつあることに違和感を感じます。

人口900万人弱の大阪府に対し、人口1400万人弱の東京都は累計で3倍程度、人口比で2倍程度の感染者を出している事実もあるので、(都知事選があることも踏まえると)慎重になるのも当然かなと思います。
この分類やステップが本当に効果があるのか、という問題はやはり事例がないのであくまで机上の理論に基づいて設定されてるんでしょうね。
この方法に「意味がない」と言い切っている方も多いですが、正確には「意味があるかどうかはやってみないと分からない」だし、やったとしても前例がないので「ノーガードの場合」と比較しないといけないので中々効果測定の判定は難しい気がします。

ただ、あくまでクラスタが発生するかどうかは三密の条件が変数となる確率論でしかないので、やってることはなんとなく理解します。


ステップ1,2,3における対象施設利用人数の母集団をN1, N2, N3とし、クラスタ発生確率をP1,P2,P3とすると、クラスタ発生期待値はそれぞれ

ステップ1=N1・P1
ステップ2= N1・P1 + N2・P2
ステップ3= N1・P1 + N2・P2+ N3・P3

となるので段階緩和は確率論的には効果があるものの、論点としては

・対象となる施設には細かい種類があったり、対策の濃淡もあるのだから一概に P3 > P2 > P1と言えるのか?
・ステップ1 と ステップ3の期待値に大きな差が本当にあるのか?
・経済とのバランスを踏まえたときに、判定期間2週間は妥当なのか?

等になるかと思います。
しかし、何度も言うように前例がないので、(大学時代理系だった人はわかると思いますが)やった場合とやらなかった場合を比較しないと効果があると言い切ることができないので、
この対策に対して「科学的に効果があるかどうか」という議論は無意味です。

経済活動へのインパクトと発生数と医療体制の均衡状態とを睨み合いながら、PDCAを回すしかないです。
福岡市の高島市長ブログにも書いてありましたが、風俗店は営業OKでキャバクラが自粛対象継続になるなど基準も曖昧なようですし、あまりに納得感を欠くステップ分けが続くと今後要請に応じない業界が出る危険性があると思います。
早くパワーラックとスミスを使いまくりたいです。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン