新着Pick
8Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
要注意ですね


コスト差は縮まった。台湾製造業の代表的な集積地である広東省東莞市の最低賃金は月額1720元(約2万6000円)。20年で4倍強になった。台湾(約8万円)との差はまだ大きいが、工場作業員の人気低下で「最低賃金の2~3倍を提示しないと集まらないこともある」とEMS大手の幹部は明かす。

台湾回帰は新型コロナの発生で加速しそうだ。大手シンクタンク・台湾経済研究院の邱達生副主任は「米欧の中国に対する不信感は一段と強まり(中国に依存した)供給体制を見直す動きを後押しする」と強調する。
SuperMicroの話もあって、ITじゃなくエレクトロニクスとして分類すれば、台湾電子産業に追い風を報じた記事として完璧。