新着Pick
175Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コンサルティング会社A.T.カーニーが今年、消費財企業の幹部125人とプライベート・エクイティ(PE)の幹部10人を対象に実施した調査では、約7割が今は投資の好機だと答えている、とのこと。確かに2008年のリーマンショック後と同じような状況です。
買収においてはシナジー効果が発揮される必要があるが、記事中に以前Amazonが買収したホールフーズの活用が現下なされていることに言及され、シナジーを生み出していることがわかる。今回の件も同様のシナジー効果として、下記の記述がある。

「アマゾンがアパレル事業の拡大を目指していて、JCペニーの一部店舗の配送への転換を考えているといった説も出ている。」

実店舗との統合的な流通網の確立はあったほうが良さそうだし、シナジーはありそうだとは思うが、それはあくまでも机上の議論である。大事なことは、本当にそうなるかどうかは、今後どのようにシナジーを生み出す努力を重ねるかにかかっている。
Amazonのような会社は、戦略もよく考えられている一方で、現場のオペレーションでそれを実現するところにも優れているように思うので、どういったシナジーが発揮されるのかには期待できそうに思うが、買収後実際にシナジーが発揮されるのか否かについては注目したい。

記事中にも、今後買収が増えそうだという点も言及されているが、確かに様々な企業場ディスカウントされているのは事実だが、それらを買収してうまくいくかどうかは別な話である。
戦略が描けることは絶対的に必要であり、当座はこのレベルでの意思決定の迅速さが重要である。しかし、その後のシナジー効果を発揮させるための根気良い取り組みが次のフェーズで必要になる。この点を忘れてはいけないと思う。
アマゾンがJCペニーを買収の可能性。
アパレルは、アマゾンにとって、着実に売上を伸ばしている事業ですし、すでに、アメリカ国内No.1になっているカテゴリーです。
アマゾンの持つアパレルブランドなら、JCペニーは、しっくりくると、個人の主観ですが、思います。
さあ、どうなるのか!
AmazonとJCペニーは、田舎の地域ではシナジーがあるのでしょうか?
アメリカのAmazon はプライム会費が高い、会員でないとそうshippingが高いので、どうしてもアッパー中流層以上を対象にしているイメージがあります。
JCペニーは、それよりも下の部分を掘り起こすのでしょうか?
リテールは、これから、大きく変化するので、今は買い時ですね。

ただ、もう少し待てるのであれば、その分、評価額も下がる可能性が高いので、それもありだと思います。

JCペニーとamazonの関係は、M&Aするとしても、シナジーという言う意味ではないと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
百貨店形態の小売業を、既にバーチャル百貨店のアマゾンが買収してどうするの?
勝ち組が負け組を取り込んでいくのが、何とも米国企業らしい。
コロナで小売りM&Aに活発化の気配
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
157 兆円

業績

業績