新着Pick
173Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これが冨田さんの言うCX(コーポレートトランスフォーメーション)の好事例。
変わることのスピードと躊躇わない意思決定から学ぶことは多い。
変化こそが、進化。
あの手この手を使って生活の現状戻りに努力している。
おそらくポストコロナでは中国社会は大きく変化していく。
高級だけ協調してはほんとうに客がつくだろうか。
やはりある程度の庶民路線が必要だろう。
さらに雇用などがたいへん厳しい中、高級なんかとても顧みない。
大企業がいきなり異業種に進出するというのは、中国ではもともとよく見られることで、必ずしもコロナ問題がきっかけとなっているわけではない。

過去には、突然名もないエアコンメーカーが登場したり、ある会社が急に自動車製造を始めたりした例などたくさんある。最近では電気自動車や電池生産への参入も急増した。

中国は、巨大な経済体でありながら「計画経済」的な運営をしている。そのため企業は、自ら事業環境を分析しているよりも、政府が示す有望産業に即座に投資した方がスピード感があって投資効率が高くなる。
中国では、どの業界でも基本的に過当競争になりやすいのはそのためだ。

良く言えば「変化を厭わない柔軟な経営判断」。
しかし言い方を変えれば「経営多角化のセオリーを無視した経営」だと言えなくもない。

しかし日本企業とは、あまりに思考回路が違うので、そこが中国企業とビジネスをする時の醍醐味だとも言える。この刺激がたまらない。。。
生活様式が変わる中で、①すぐに元に戻るもの②時間かかるもの③元に戻らないもの。②に関しては①で足元のキャッシュを稼ぐ必要ありますし、③の場合はゼロから見直し。各社生き残る為に必死ですし、そこからポジティブな事例が増えればと思います。
中国ってやっぱりたくましい。
だから目が離せない。

商売の基本は喜んでいただくこと。そして従業員のやる気を高めること。 中国の貪欲さとバイタリティに学ぶことたくさん!

高級ホテルの屋台は確かに行ってみたい。
臨機応変に柔軟な対応できるのは意思決定力が大きいですよね。

人々の顔色を伺いながらしか既存のものを変えられないのか、それとも可能性を見つけたらすぐ方向転換の決断ができるのか。

不安定な時代だからこそ、見習うところが多くあるように思います。