新着Pick
56Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本が水際対策として入国拒否をしている国が111ヵ国。他方で、日本からの渡航者や日本人に対して入国制限措置をとっている国・地域が183ヵ国。世界には現在196ヵ国あることを考えると、ほぼどこの国とも行き来ができない、ということ。各国とも国内のロックダウン・外出自粛が解除されている中、今度は国際間の移動をどう解除していくか。これこそ各国の協調や各国のリーダーシップが問われると思う。医療サービスが受けられる都市への渡航のみをOKとする(例えば日本からNYへの渡航者はNY市内のみ滞在OKで、NY市街に出ては行けないこととする、というような措置)などもあり得そう。
リスケも相次いでますが、アジア間は6月から徐々に、7/1再開、8/1予定とさしあたりのアナウンスは出ています。
これを予定通り再開していけるか、各国の対策はもちろん、何かあった場合のケアなど、外交の腕の見せ所だと思います!
大事に議論してほしい。