新着Pick
697Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ルールという前に、一言でいえば、もっと他者に対する配慮ができるようにしなければいけないと思う。今回のコロナ禍は、いろいろなことを考えるきっかけをわれわれに与えてくれたが、ネットとの付き合い方や人とのコミュニケーションのあり方はその最たるものの一つではないか?この木村さんという方については、何も知らないし、詮索したいとも思わないが、物理的には分断されつつも10年前とは比較にならない発信力を備えてしまった現代人にはそれなりのリテラシーが必要なのだろうと思う。
表現は自由ですが、表現には責任があります。

憲法第21条に定められた表現の自由は保障されるべき極めて重要な権利です。

一方で自由に行った表現が他の基本的人権を阻害すれば、その表現には責任が生じます。

匿名であることをいいことに他人の名誉を毀損しプライバシーを侵害した上、生命まで危機に晒す無責任な行為は政治の責任で防止する必要がありますので、今国会で議論を深め、世の中に改善案を示したいと思います。
SNS上の度を過ぎた攻撃や誹謗中傷に対して、法律で規制をする仕組みももちろん必要ではありますが、誹謗中傷の発信をしている本人の「自分は正しいことをしている」という意識が変わらない限りは、罰則でそうした発信を抑止することは難しいと感じています。
バッシングに乗っかることが「トレンド」で「正義」と考える人間の心理の背景に何があるのか。ストレスフルな今の社会のあり方と、SNSでのバッシングで溜飲を下げる心理に関係があるのか。私はまだ答えを見いだせません。ただ一つだけ言えるのは、SNSで発信する前に「それ、同じことを街の真ん中で叫べますか?」ということを自分に問うてみる、一人一人にほんの少しの「振り返り」があれば、こんな悲劇は起きなかったのではないかと思います。
(別記事へのコメント再掲させていただきました)
この件には二つの問題があります。一つはネットでの匿名アカウントの異常な誹謗中傷にどう対処するのか。もう一つは恋愛リアリティーショーというリアリティーがあたかもあるように見せる、厳しく言えば視聴者を騙す番組の是非です。前者に関しては匿名性を弱めることは避けられないとはいえ、誹謗中傷と批判の線引きをどこにするのかは、自由な発言の規制にもつながるので慎重に考慮しなければならないと思います。後者については、台本はないにしても明らかな演出意図に基づき出演者の行動を誘導(強制?)している、つまりフィクションに近いにもかかわらず視聴者にはリアルだと思わせるような番組だということを視聴者に明確に示すべきだと思います。そんなことをしたら番組は成立しないと言われるかもしれませんが、私はそんなフェイク番組は存在すべきではないと思います。これは人によって考え方が様々でしょうから大いに議論すべきです。
亡くなられた木村さんは22歳。子どもの頃から当たり前のようにSNSがあった世代と、大人になってからSNSというツールに接した世代では恐らく言葉の使い方も受け止め方も違うはず。もしかしたら木村さんは、ご出演されていた番組以外のところでも苦しんでいたのかもしれません。

皆さんが仰る通り、私たち大人ができることは、単に規制を設けるだけでなく、万国共通のSNSリテラシーについてきちんと検討していくことでしょう。こうした倫理観や道徳観を養う教育こそ、オンラインで対応できると思うのですが。
↓の記事の中で篠塚さんなどみなさんが書いているコメントが秀逸ですが、ネット上の誹謗中傷問題は本当に根が深いと思う。
https://newspicks.com/news/4930096

ネット上で誹謗中傷を行なっている人の多くはリアル社会で何かしらのストレスを抱えているケースが多い。つまりネット上での加害者はリアル上での被害者であることも多く、この問題はネット上だけでは完結しない。

表現の自由云々の論点はあるでしょうが、何の理由があるにせよ、無責任に誰かに対して「死ね」とか「死んで証明しろ」というような表現を使うべきではないと思うし、それは法律以前の問題ですし、個人の表現の自由が、他人の生きる自由を奪う行為と天秤にかけられるべきではない。

政府が乗り出して規制検討することでどこまで前進するかは不透明ではありますが、少なくとも社会的な風潮として誹謗中傷が減るきっかけになってくれることを願います。
本件は、極めて難しい問題です。

まず、表現の自由の一環として「批判」は許されなければなりません。
「批判」を封じ込めてしまうと民主主義が崩壊してしまいますから。

となると、「批判」と「誹謗中傷」の線引きをどうするかが、大きな問題となるでしょう。
同じ言葉を用いても、文章全体の趣旨から「批判」と考えることもできれば、「誹謗中傷」と考えることもできます。

次に、「誹謗中傷」を取り締まる主体が誰になるのかも問題です。

国が取り締まるのは、国政に都合の悪いことを全部アウトにする恐れがあるので不適切です。
そうなると、各プラットフォームが自主的に規制するしかなくなります。

各プラットフォームに委ねるのであれば、国がルール作りをするというのも変な話になってしまいます。

難しい問題なだけに一刀両断の解決策がすぐには出てきませんが、各方面の利害関係者等からの提案を集めるのが先決でしょう。
自民党こそ、多額の政党助成金をもとに、大量の借名アカウントで政敵を攻撃してきた。残念ながらNPも例外とは言い難い。まずは自らを顧みて改めた方がいい。
応急措置としてリアリティーショーを一旦は全面禁止し、そのうえで国際協調もしつつなぜ複数の国でこれほど類似の自殺事例が出ているか、ということは自殺しないまでも多数の精神疾患があるはず、そのメカニズムを専門家により解明しガイドラインを策定し、私はその手の番組は一切見たことはないがどうしてもやりたい、見たいならガイドラインに沿って再開する、としたら良いと思う。

一方でネット上の誹謗中傷は韓国など色んな国で取り組んではいるが、法的対応はベターではあるがネットが人間社会そのものである以上、結論なくならない。某大国では大統領自らがほぼ毎日他人を口汚く罵っている。いわんや国民をや。

残念ながら各国で人々の分断と差別は増えこそすれ減らない。これは年単位ではない人類のメガトレンド。よってリアルでもネットでもすさんだ言論や事件は減らない。まして景気がこれから悪くなると拍車がかかる。

まずは個々人、家族単位で精神衛生の強化で自己防衛しつつ、国家という単位でなくもっと小さい単位のコミュニティが日本では決定的に不在である、その問題に取り組むべきだろうと思う。
起きた事件は悲惨でとんでもない話で「プラットフォーマーと呼ばれるIT企業に一定の責任を課す」、「誹謗中傷した人への罰則を設ける」のは当然だと思うのが普通の人の普通の感覚でしょうし、私の感覚も似たようなものではありますが、常識的な感覚以上にこれは難しい問題を含んでいそう。
匿名で人に批判を加えるのが問題なら、自社名で批判するのを避けて大手メディアが好んで使う「○○周辺によれば~~だ、これは国民の批判を呼びそうだ」というのも匿名による非難で、国民はその記事か真実かどうか確認のしようがありません。誹謗中傷と正当な非難の区別を誰が行うか。時の権力を持つ政治家やメディア、影響力のある集団が意図的に行えばいろんなことができそうです。
表現の自由は絶対的に守りつつ「インターネットでの誹謗中傷の書き込みについては、他人を傷つけるような書き込みをしないよう啓発を行っていくことが重要だ」という行き方で解決するのが民主国家に生きる私たちにとって最も大事なことだと思うけど、皆がその心がけを忘れると、外からの規制がどんどん厳しくなって、しまいには自由を失いそう。検討の行方をしっかり見つめることが重要な事案であると感じます。