新着Pick
191Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
休業要請のかかった居酒屋は約90%減なので、飲食一括りでは見れないところです。緊急事態宣言があけても、30%〜40%減が今のところ居酒屋の実感値ですが、最小人数で損益とんとんは狙えてもアルバイトさんの雇用維持は正直厳しいところです。
下記が日本フード協会のプレスリリース。
【外食産業市場動向調査 2020(令和2)年4月度 結果報告】
http://www.jfnet.or.jp/files/getujidata-2020-04.pdf

想像通り非常に大きな影響が出ていますが、緊急事態宣言が解除された地域では週末戻って来ている様子も伺えたのではないでしょうか。第二波などなければ客足も戻ってきそうです。
Ishidaさんが張っている原本と併せて。全体で-40%、ファストフードが-15%、ファミレスが-60%、パブ・居酒屋はざっくり-90%。ファストフードの中でも麺類が-55%だが、マックの好調にあるように洋風は+2.8%とプラス。
チェーン店は全国展開しているところが多いと思うので、こういう時に比較的ダメージは小さいものですね。
今まではなかった視点です。
もちろん40%減はとんでもない数字だけれど、東京の個店は40%減どころではないのは明らか。

ただ、チェーン店も効率化を進めている分、売上が大幅に落ちればオペレーションがまわらないのでしょう。

リーズナブルな価格でそれなりのものを食べられる、という日本最大の強みとも言える今までの食環境は変わるかもしれないですね。
上場している外食企業は2-3週間前に4月の既存店売上高の数字を発表してますんで、今さらこの数字にニュース価値はないと思うのだが

この先、外部環境の変化を無視して「コロナ前と比較して〇〇%減」みたいな単純な報道には気をつけたいものです。リモートワークが増えれば、会社の飲み会なんかも減るだろうし、外食するにしても都心でするか自宅近くにするかでだいぶ変わるんでね。頭の悪いマスコミはやるだろうけど…
我々が感情を持たない動物であるならこのまま減少していくでしょう。でも、我々は幸せを求める人間です。しかもおいしい料理を求める日本人。日本人が日本人である以上、時間とともに戻ってくるでしょう。そして、新たなイノベーションによって必ずや復活すると信じています。
チェーン店は思ったほど落ちてないんですね、40%って大きいけど、営業規制されてる割には、、、という印象。真面目な個人店舗はもっと落ちてそうなので、あえて影響小さいところを強調してる感じか。ただ今回の件でただ自粛したところと、テイクアウトやECという新しい武器を手に入れたところでは、これからの回復局面で大きな差が出るでしょうね。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア