新着Pick
8Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本の出生数は2016年に統計開始以来、初めて100万人を割った。そしてそのわずか3年後の2019年には、90万人を割り込んで86万人となっている。渡辺さんはいう。
「子どもを持つこと、育てることに若い人はものすごく不安を覚えています。一人親の家庭に対しても、これまでは『好きで離婚したのだから自分でやれ』と多くの人が考えていました。しかしこれを機会に、『子どもは社会が皆で育てていくんだ』となればいいなあと思います」
関連記事一覧
コロナ解雇4万5000人に 厚労省発表、最多は製造業
共同通信
310Picks

「絶対に必要」と信じたが、解約──コロナ禍で“さよならオフィス”は現実となるのか
Yahoo!ニュース
170Picks

大卒内定者11%減 来春、コロナ・米中摩擦響く
日本経済新聞
55Picks

コロナ禍での暮らしの変化を教えて。リモートワークに、地方移住、新しい社会の姿とは。
ハフポスト日本版
17Picks

芸能人の政治・社会的発言や活動はなぜバッシングされるのか? Withコロナで変わる国のかたちと新しい日常⑰
FNNプライムオンライン
12Picks

「新型コロナと気候変動、2つの危機と同時に闘う」アフターコロナの経済復興を考える Withコロナで変わる国のかたちと新しい日常
FNNプライムオンライン
11Picks

「コロナ対応で逼迫する医療現場でRPA導入の動きが加速」アフターコロナは人とロボットの共存へ Withコロナで変わる国のかたちと新しい日常⑬
FNNプライムオンライン
5Picks

在宅勤務が長引いても、「コロナうつ」にならない方法とは - イライラ・モヤモヤ職場の改善法 榎本博明
Diamond Online
5Picks

日本の少子化に拍車をかけるコロナ禍の「厳しい現実」
Forbes JAPAN
5Picks

コロナ禍、なぜ10代の妊娠相談件数が2倍近くになったか - PRESIDENT Online
BLOGOS - 最新記事
5Picks