新着Pick
26Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
めいろまさん記事。私も、自然にうまくいっているのではなく成功しているのだと思います。

日本ではかつて結核などの重篤な病気が蔓延していて、国家的に対策のための体制を整えたおかげで、普段から公衆衛生のレベルが高いと思います。

落ち着いたら、日本の医師・研究者は、これを含めた日本の状況をぜひ、英語でばんばん論文発表していただきたいと思います。
まず、最初に定義を明確にしておきます。日本は「成功はしていません」。

この結果は、終息後にデータを分析しないと、今時点では、誰も理由を説明できませんが、「偶然、こういった結果になっている」というだけだと認識しています。

所謂「コロナ対策」が有効で、こういった結果になったという論理的な説明は到底できません。

では、「コロナ対策」とは関係ないのに「失敗した」と思うのは何故でしょう?

それは、日本社会の「減点主義」と「ダメ出し」です。

どんな結果にも満足せずに、「ダメなところを見つけて、ダメ出しして、減点(批難)します」…これが今の日本社会の特性です。(残念ですが)

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
【社会】「日本人よ自信を持て!」と言うつもりはないけど、少なくとも現時点で日本は中国やヨーロッパ、アメリカのようにならなかったという事実は事実として受け止めても良いと思う。様々な問題もあるとは思うけれども、今後もきちんと感染拡大を抑えることができるのであれば、相対的に考えて「悪くはなかった」と評価できるはず。