新着Pick
811Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
1、2月は中国のコロナ、3月からは日本の自粛・非常事態宣言と、翻弄され続けてきたのが、アパレル業界です。

不要不急なものではないし、リアル店舗で買うことがまだまだ一般的なものなので、コロナが最も直撃した業界の一つと言っていいでしょう。

3月ごろから、かなり不安な声が聞かれるようになり、非常事態宣言の後はECという手はあるものの、八方塞がりな状態でした。

そんな時、発表されたローランドベルガーの試算に書かれた、「リベンジ消費」という言葉が、アパレル業の方を勇気付けたそうです。

とはいえ、在庫ははけないし、季節は変わるし、秋冬の発注をしなくてはならない。
手探りの状態が、まさに今です。

日本におけるアパレルといえば、どうしてもユニクロの名前がまず出てきます。しかし、その裏で専門家に取材をすると、ほぼ必ずと言っていいほど名前が挙がるのがアダストリアです。

10年前にSPA化を宣言した後、ものづくりの中身をかえ、さらには、ライフスタイル分野や飲食など他ジャンルへの積極的な挑戦を続けています。

時に失敗もあり、損失を出しながらも挑戦し続けていられるのには、事実上の創業者である福田会長の存在があったように思います。
本日から5日間アパレル業界の今を追いかける特集が始まります。お付き合いいただければ幸いです。
是非見ていただきたい記事。アパレルの最前線の経営の現場から見える現状。

例年の2倍の在庫とのこと。2末は176億円で通常とそんなに変わらない。1Q・2Qが通常は閑散期、売上がQoQ-10~20%弱減少するので、通常なら530億円くらいか、なお在庫はあまり変わらない。倍と考えると、在庫が350億円くらい。全店月次は3月75.7%、4月31.7%と半減していて、原価率4割くらいなので3か月リードタイムで通常発注をすると大体そういう数字になる。

アダストリアはSPAで自社で在庫リスクを負っていて、また今後SPAモデルを維持するという観点でも、取引先に対して入荷を維持すること含めて発注は契約であると運営している印象。あとは一定体力があるから出来る。一方で、多くの企業にとってはそうではない。また記事で指摘があるようにトレンドもあるし、政府・モール運営者・ブランド・製造者と関係者が多岐にわたるなかで、厳しさのしわ寄せが誰に行くのかという現実問題が極めて深刻(下記の百貨店についての記事でコメントした点)。
https://newspicks.com/news/4819716
https://newspicks.com/news/4854715
アダストリア福田会長兼社長のインタビュー。コロナの影響、積み上がる在庫、EC強化と課題、サステナビリティへの取り組みなど、アパレル小売り企業が置かれている状況がよく分かる記事。
かつて、和服を扱っていた呉服商は百貨店へ進化していった。
かつて、馬具メーカーは自動車の普及を受けて、高級鞄やスカーフをつくる企業へ変貌していった。
そうした変化は長い時間をかけて行われるものですが、新型コロナはそれほどの大きな業態変化を加速しているよう。
アパレルについていえば、一つ考えなければいけないことは、パーティや旅行という「ハレの場」が少なくとも今年はなくなりそうだということ。
静かな日常はあっても、そういう時と場が減れば「着るものに対するこだわり」は無くならないが「着ていくもの」に対する需要は減ってしまう。
だからリベンジ消費がどこで起こるかはよくよく考えなければいけないと思う。

はっと思わされたのは、最後の「僕らの母親の世代は洋服ではなくて着物でした。それもほんの50年ほど前の時代のことです。だから、その時を見据えて、投資をかけていきたい」というコメント。

アパレルに関わる人々は、元来クリエイターなので、今回の変化への対応力と「生活提案力」とでもいうものに期待したい。
経営とは変わり続けること、その道筋を示し率いること。以下の言葉が重く響きますね。
-------
電気自動車が普及し、Eコマースはドローン配送が当たり前になった頃に、洋服だけがこのままと考える方が、おかしいでしょう。
僕らの母親の世代は洋服ではなくて着物でした。
それもほんの50年ほど前の時代のことです。だから、その時を見据えて、投資をかけていきたいと思っています。
COVID-19によるアパレルへの影響は、計り知れません。それでも耐えて、仕入れを途切らさないというのはすごい。SPAの成功は信頼関係がすべて。

「数十億というお金になるべき原価の商品が売れる機会を逃して、しかも暖かくなっちゃったから商品が腐っている状態です。それは、誰の責任ですか。」という言葉に苦渋が詰まっています。
日本のアパレル業界では規模の面ではファーストリテイリングが他を圧倒しています。

規模の面ではそこまで大きくないアダストリア。かつては、収益性や資本の生産性でファーストリテイリングを圧倒するほど”化け物”級のエクセレントカンパニーでした。

その後、いったん鳴りを潜めますが、いまでも在庫の回転期間やキャッシュコンバージョンサイクルがめちゃくちゃ速く、まるで「ナマ物を扱っているかのよう」と表現されます。

まあ、それだけに取引先企業への要求水準が高く、疲弊している下請け企業も多いのですが。

アパレル業界は、ブランドとファストファッションの二極化が進み、両者の間に挟まる中途半端なところがなくなるとも言われています。

まさにアダストリアがそこに該当するわけですが、私は密かに昔から注目している会社でして、コロナ後の展開に期待しています。
安い服は、需要あり続けるし、きっと変わらずのような感じがします。変化は、高級ブランドに起きる。彼らは、大量生産軍団の猛攻に怯んで、色々合わせてしまいました。こられからは、本来のじっくりと良いもの(ながく愛される)を高くてもいいから作っていくような姿勢に戻っていく方向に向かっていくと思います。ジョルジオ・アルマーニが書簡を出していた通りです。
アパレル、特に女性×若い世代向けの業態は「生鮮品」に例えられるように、在庫はすぐに陳腐化するので、とにかくスピード勝負。そんな中で数か月の売上が止まって資金が回らなくなってしまった、ということの影響は甚大ですね。1年取っておいて来年売ればいいじゃん、という気もしてしまいますがトレンドが変わるし倉庫代もかかります。ECの取り組みによって多少の差はあれ、このシーズン分の在庫処分は全ての事業者に等しく直撃するものとして、それを乗り越える企業体力と、新常態にあわせて事業モデルを組み替えられる柔軟性が今後の勝負を分けそうですね
この連載について
ビジネスの話題に関するNewsPicksオリジナルのインタビューやレポート
株式会社東京商工リサーチ(とうきょうしょうこうリサーチ、英文商号: TOKYO SHOKO RESEARCH, LTD. 略称: TSR)は、東京都千代田区に本社を置く国内第2位の信用調査会社である。 ウィキペディア