新着Pick
389Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
売上7.6兆円に対し、純利益は2.2兆円。立派な数字です。中国国内のアクティブユーザー数は7.26億人。一人当たり年間1万円強を購入していることに。中国14億人。その半数はまだ未開拓。まだ成長は続くでしょう。

グローバルのアクティブユーザー数は9.6億人。アリババグループ として2032年までに20億人という目標を掲げています。グローバルで巨大なアリババ経済圏は築けるのか、Amazonに勝てるのか、気になります。
Pinduoduoは確かに勢いはあるが、Alibabaにとってそこまで脅威だとは思わない。ユーザーは買いたい製品で使い分けしている。もっと気にしておく必要があるのはTencentのミニプログラム。こっちはWeChatをブランドのコミュニケーションツールにして、ブランドの自社ECにユーザーを誘導する。Tencentにとってはエンゲージメントのツールであって、あまりマネタイズするつもりはないらしく、ブランドにとっては上手くいけば自社EC比率上がるし、TMallへの依存度下げられる。TMallいいけど、もうあんまり安売りイベントに巻き込まれたくないって会社は検討した方がいいかも
年間流通総額100兆円超え。直接の比較は意味ないですが、日本の年間家計支出総額が約300兆円、年間報酬支払総額が約200兆円ですから、あらためてその規模のすごさを実感します。

仔細にみるとニューリテール事業とクラウド事業が好調な一方で、ピンドォドォにおされてタオバオの伸びが急激に鈍化していたり、コロナの影響で保有している上場株式の下落が影響している。それでも全体的に、1-3月の中国経済のあの状況下でこの業績であれば、やはりアリババの力は底堅いと言うべきでしょうか。

ジャック・マーが取締役を退任した後も残る「アリババパートナー制度」は、日本であれば院政や系列などと揶揄されるものですし、人事権だけ残すというのはガバナンス上も望ましくないと一般的に言われるもの。「ファミリー」を大事にある中国独特の文化が表れている気がします。

Appleのように、完全に新経営陣になって、カリスマなき後も変わらず成長を続けることができるのか、引き続き注目。
アリババの年間流通総額遂に100兆円越え! 売上35%増で7兆6000億円、純利益は2.2兆円。コロナの影響を受けた1Qも売上は前年比22%増。更にクラウド事業も2020年度の通期で、前年比62%増で6000億円に達した。Amazonの利益の大半がAWSからと考えるとここは今後の収益の大きな柱になるのは確実。アリババ強いな。孫さんできれば一株も売りたくはないだろうな
ジャック・マー抜きで、「ピンドォドォは2020年3月末時点の年間アクティブユーザーは6億2800万人にまで成長」してるような強力なライバルたちと戦わないといけないのが最大のリスク。Amazonだってベゾスが退任したら株価に甚大な影響出るだろうし #アリババ
30%成長で、利益が一時的にコロナの影響で減少したとしても、投資先の株価などの影響であれば、超ど短期の事で大して気にしてはいないでしょう。

それよりも問題は、拼多多の猛追やEC以外の事業の柱の構築です。

冒頭にも書かれているように、新規の数千万人のユーザーは、7割以上が地方都市です。

ECの成長余力は、地方都市とオフライン、海外にしかありません。
オフラインはニューリテールによるフーマーやLSTを活用したチャネル開拓をしてますが、ECに比べれば限定的です。

反面、地方都市には膨大な市場が広がっていますが、そこに現れたのが拼多多です。

去年の今頃、中国の家電大手が拼多多と積極的に取り組もうとした結果、アリババから締め出されて、検索上位表示すらされなくなって大問題になったことがあります。

いかに、アリババが拼多多に注意を向けているかが分かります。

拼多多は偽物でも品質が悪くても、とにかく安い。という、以前のアリババの淘宝の十八番を、地方都市で奪ってしまいました。

これからの成長余力である地方都市を拼多多に握られてはまずいのです。

上海の一人当たりGDPは、16,000ドルですが、成都ですらその60%程度です。

これが、今後、10,000ドルを超えて本当の市場になっていく。

その土台を取られないように本気で拼多多を敵対視しています。

自転車が9元(150円)で売られているようなプラットフォームです。
驚異的です。
長期的には自社サイトとの戦いがポイントでしょうね。
この連載について
経済ニュースを「数字」でつかむNewsPicks編集部オリジナル連載。NewsPicksが注目する企業の決算・会計から、マーケットの話題、投資まで。様々なテーマを「キーナンバー」で読み解くことで、ビジネスパーソンに必須の「数字感覚」を養おう。
阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア

業績