新着Pick
200Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
申し訳ないが甘アマ過ぎ。

米中印3大国のビジネスパーソンはそれが当たり前、当社もCovidはるか前からZoom、その前からSkype、Whatsappコールで一日の3分の1くらいという日常。なぜか?

一級大都市が10以上あるからです。ウォールストリートの投資家とシリコンバレーのテック企業やボストンのバイオ企業は話さねばならない、深圳のそれが北京や上海と、バンガロールのそれがムンバイと。
東京一極集中の日本は20分で渋谷六本木と丸の内往復できるからに過ぎない。米上場企業の決算発表がなぜ昔から電話なのか、という話。外需で食ってるシンガポールでもそれは当たりまえ。

ナイーブな事言ってないでこれを好機として慣れましょう。
特定の相手と定期的に行っているミーティング(デイリー、ウィークリーなど)の場合は特に、音声だけで良いと思います。
疲労度は軽減されますし、効率はさほど変わりません。

但し、エンゲージメント(チームの親睦を深める)が目的の場合は、顔が見えたほうがよいかもしれません。
こういう記事も増えましたが、リアルでの仕事は「リアル疲れ」があるわけで、どんな環境でも仕事は疲れるってことですよね
ただ、人間「変化」は疲れるので、そういうストレスや、変化して最初は頑張れるが続かなくなる「オンライン5月病状」的なものもあるんでしょうね
Zoom疲れ現象を社会的、生理学的に分析したWSJの記事がありました。やはりリアル社会の活動の全てをオンラインで実現するのは難しいということでしょうか。
「変化」には「過渡的な痛み」がつきものです。それは、我々が小さい頃から、体験してきたことではないでしょうか?

どんなことでも、新しい環境になれば、必ず「慣れるまでは疲れる」ことは当然です。

それを、難しく考えることで、別の問題にしてしまうと、「普通にやっていれば慣れる」ものを、「やはり疲れるんだ」と思い込んでしまい、結果的に「やっぱりZOOM疲れするんだ」となってしまいます。

新しいもの、新しい環境は、慣れてしまえば便利ですが、慣れるまでは、いろいろあります。それは「新しい」というもの、環境の特性なので、避けられません。

つまり「変化に対応するための、過渡的な痛み」であるものを、大袈裟に言うことで、本来は「過渡的」なものを「恒久的」にしてしまっているのが、今のメディアの記事ではないでしょうか?

みなさん、自分の経験を思い起こしてみてください。どんなことでも、新しいことに取り組んだ時には、最初は辛かったですよね?そして、それを続けるうちに、だんだんと慣れていきましたよね?

ただ、それは人により大きな差があるので、本当に「ZOOM疲れ」の方もみえるとも思います。そういった方にとっては、厳しい時代だとも思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
慣れないこともあり、4人以上でのオンラインmtgは疲れを感じることもありますが、オンラインmtgのおかげで圧倒的に業務効率やスピード感が上がりました。

移動による疲れは減るわけですし、局所ではなくトータルでみたら恩恵の方が大きいと感じています。
単純に目が疲れる👀
昔 HGST で働いていた頃は週に4-5回 WebEx を使った tele-conference に出席していたが別に疲れは感じなかった

慣れれば別にどうと言う事は無いと思う