新着Pick

米政権、核実験再開を議論 中ロにらみ、結論至らず

共同通信
米政権、核実験再開を議論 【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポスト電子版は22日、トランプ政権の安全保障担当者らが核実験の再開...
28Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
とにかく11月の選挙で負けるかもしれないから今のうちに駆け込みであれもこれもやっておこうということなんだろうな。世界をぐちゃぐちゃにしないと気が済まないトランプ政権。
ポストコロナ時代、経済再建をどうするか、WHO改革をどうすすめるか、感染症対策で世界がどう協力するかについて米国と中国が中心になって議論をしてほしいのに、米中ロの核実験競争とは悪夢だ。
領空開放条約の脱退と同じように、ロシアとともに(それ以上に)中国を意識した動き
トランプ政権は昨年の2月にネバダ州で臨界前核実験を実施し、批判を浴びている。この政権は、すでに2018年に核戦略方針を変更し、必要に応じて核兵器を使用すると発表している。但し、威力を抑制した小型戦術核爆弾だ。そして、これを本気で推し進めるなら、どうしてもフルバージョンの核実験は必要になる。今回の件は、単に中国やロシアへの圧力というより、実際に米国は実験したいのだと思われる。
しかし、これは危険だ。核兵器不拡散条約(NPT)の重要なコンセプトは「グランド・バーゲン」と呼ばれるもので、核保有国が核の開発を自粛することを前提に、非核保有国は核を持たないというものだ。米国の行動は、こうした重要な理念をぶち壊しにする可能性があり、大いに懸念される。
いま議論する話ではありません。
米中間に緊張感が高まっているのに加えてのこの報道。今のアメリカに核開発強化はやめてほしい。

WPの記事は下記。
Trump administration discussed conducting first U.S. nuclear test in decades
https://wapo.st/2ZsRVtZ