新着Pick

「ファーウェイ」米国の制裁強化でも強気な理由

東洋経済オンライン
「恣意的な指名はしていないのですが、記者の質問がちょっと弱かったような……」中国の通信機器大手ファーウェイ(華為技術)の郭平(グオ・ピン)輪番会長ら同社幹部は5月18日、世界のメディアやアナリストの質…
46Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国にとって、アメリカにとっても、メディアって情報戦ツールなんですよね。日本は弱いし下手です。日本語だし、情報部隊の核は戦後に解体させられましたからだいぶ遅れをとりました。

>一方で指名された6社のうち半分は欧州企業・メディアであり、質疑応答からはファーウェイの欧州市場重視と、欧州の中立的な立ち位置の両方を感じた。

というわけで、
情報戦です。日本はもうアメリカ側なので質問させても意味がないし伝えたいことも優先度は高くないのでしょう。

日本もかつてはアメリカに政治的にガツンと経済活動の制約をやられたことがありその凹みからの回復は困難でした。しかし凄い事に中国は強力になった人材と内需と同盟国からの需要があれば凹まず対策も打てるんですよね。

既にテクノロジーもデータもこの二国に先を行かれ、ギャップは拡大しています、
正直削りあってもらうくらいが公平で、その間に何をやるかを考えていったほうがいいですね。