新着Pick
210Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「GameGANに関する詳しい論文は、6月に開催されるConference on Computer Vision and Pattern Recognitionで発表される予定。」

さらっと書いてありますが、当該分野では誰もが目指すトップ国際会議。Google Scholarのh-indexランキングでもNature, Science,...と続いたあとなんと10位にCVPRが。

ランキングの高い出版物
https://scholar.google.com/citations?view_op=top_venues&hl=ja


今年はオンライン開催されますので現地に行かなくても参加できます。もうearly bird registrationは過ぎてしまいましたけども。

http://cvpr2020.thecvf.com/
これはインパクトありそう。専門家による解説を希望。

>引用
『ゲームをプレイする「識別機」と、ゲーム環境を生成する「ジェネレータ」という2つの競合する敵対的生成ネットワーク(Generative adversarial Network:GAN)を構築させ、ニューラルネットワークとしてはじめてゲームエンジンを模することに成功した。
 「識別機」がゲームをプレイすると、「ジェネレータ」がそれにリアルタイムに反応して新しいゲーム環境のフレームを生成。複数レベルやバージョンの画面プレイを学習させれば、これまで見たこともないようなものを生成することも可能だという。』
面白い!
動画みたいなー
こういう複雑なルール推定ができるようになると、全体のコンセプトや意図を推定できるとみなせるようになってきて、「AIには目的を人間があたえなければならない」なんていい方はできなくなってくる
「目標(ターゲット)」があれば、その「複製」が可能ということ。

そして「目標」は、人でも、ものでも、ゲームでも何でもよい。

ということは、デジタル世界の中では、見た目も声も自由自在に変えられる世界が目の前ということ。

つまり「自分が自分であるデジタル認証」が、とても重要になる。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
AIはパクるの得意
株式会社バンダイナムコホールディングス(英語: BANDAI NAMCO Holdings Inc.)は、バンダイナムコグループを統括する日本の持株会社。 ウィキペディア
時価総額
1.27 兆円

業績