新着Pick
184Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
当初は市内限定くらいから始めるのでしょう。万が一の事故でも後席に座るお客が重傷を負うことは無いとおもいますが、混合交通の中で事故が起きる割合をどこまで下げられる自信があるのか、非常に気になります。行政の後押しもあるのでしょう。
日本は仮に人間ドライバーより事故率が下がるとしても、国民性がロボットによる事故を容認しないのではないかと思います。日本での完全ロボット運転はもう少し先になりそうです。
限定空間(道路環境)の自動運転は完全とは言わない。条件を整えれば低速で可能だが、誰が事業者して名乗りでるのか?事故が起きたときの民事刑事の責任は?と課題は山積。あと2年で解決できるのか?
ポイントは2つ。
1つ目は自社でやるということ。Mobileyeはサプライヤーだったが、記事では自社でサービス提供とある。これがあくまでサプライヤーとして売り込むための実証試験という位置づけでないなら、顧客との競争になりうる。また部品サプライヤーと自動運転というサービスサプライヤーになるのでは、必要な資本力も違う。フランチャイズとかをしない限りは、より資本集約的になる。
2つ目は、資本とも絡むが親会社のIntelの戦略。先日Intelは経路検索アプリのMoovitを買収した(①)。Mobileyeの動きを見ると自社への接続のためと見ることも出来るし、またIntel自体は半導体の方ではプロセス進化が遅れてきてシェアは依然高いものの個人的にはリスクが結構出てきているように思う(②)。ただ極めてキャッシュリッチでもあるので、資本集約的なビジネスにお金を突っ込むことはできる。
https://newspicks.com/news/4875205
https://newspicks.com/news/4847286
自動消毒もセットで
ADASの時のベンチマークでも、シンプルな構成で他を圧倒するパフォーマンスと低価格を実現していたモービルアイ。

同じコンセプトを自動運転にも適用ということであれば、腹に落ちます。

イスラエルの企業だけあって、独自の視点と価値観があり、しかも、ここはトップの戦略思考がすごいので、期待大ですね。

インテルは買って大正解だと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
自動車業界は今のロックダウン影響下でかなり売上半分以下などの打撃を受けているが、将来の見通しについては割と楽観している。パーソナルトラベルが主流になり、逆にシェアリングに逆風が吹きそうであるし、ドライブインサービスも増える可能性もある?

業績

インテル(英語: Intel Corporation)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く半導体素子メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
27.2 兆円

業績