新着Pick
148Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「出世」という言葉を口に出すのは、気になって仕方ない人たち。

出世欲があったもいいじゃないですか。会社勤めである以上は、出世したほうが給料も上がって、プライベートを充実させる資金も増えるから。

悪いことではないですよ。もし、出世欲が格好悪いと思うのなら、独立すればいい。簡単なことではないですが。

いずれにしても、テレワークで仕事感が変わったのなら、働かされ続ける雇われ生活のままでいいか、真剣に考えてみましょう。
色んな感想があって興味深いです。
個人的には転職後、地方でフルリモートで働いて4年。価値観は大きく変わりました。仕事の仕方が変われば自分が自ずと変わることが必要となってきます。
また物理的に常に社外にいるので客観視できるというのは大きな点だと思っています。どうしても社内にばかりいると視点が狭くなりがちですが、会社が客観視できるし、人脈も自ずと自分に近いところでも新たに構築したくなります。時間の使い方という部分では新しい趣味など始めることも可能です。
それが新しい自分の可能性を切り開くことになっていくと実感しています。
テレワークによってあらためて自分を見つめ直す時間ができた。その結果地方や海外で働くのはどうか?もう通勤はしたくない。このままでいい。その反対でみんなで働きたい。早く集まりたい!など人によって様々な感じ方をしてきた。

これまでテレワークがしにくかった原因は経営者や幹部クラスがテレワーク体質がない、ITリタラシーが高くないという方も多く本格的に進みがたい理由もあった。固定概念で、やはり会社に来ないとサボるだろうなんてことも何度も経営者から聞きました。

ウィズコロナ、ポストコロナ時代においてはみなオンラインリタラシーが高まり、オンラインでの仕事力が問われることになる。オンラインで活躍できるスキルを高めていくことが大事になるだろう。

ウィズコロナ時代に「求められるスキル」は何か?
https://keyplayers.jp/archives/17180/
昨年の「超ヒマ社会をつくる」は、AIとロボットに仕事を奪わせて実現する超ヒマをクリエイティブに生きることを書いた本だが、コロナのテレワークで一足先に超ヒマ社会が来てしまった。あわててクリエイティブになるのもつらいね。コロナが去っても超ヒマを残すのが今できることかな。
完全に個々の人に依存すると思いますが、「◯◯ではだめ」と言っている人に限って、結局、「どんな状況でもだめ」だとも思います。

何故なら、それは、自分のせいではなく、他者のせいにしているからです。

本来、その人のパフォーマンスは、環境要因では、言うほど変わらないと思います。

もし、テレワークで「パフォーマンスが低下した」と感じているとしたら、もしかすると「会社に行っていて、仕事をやっている気になっていた分が、実はやっていなかったことに気づいた」だけかもしれません。

特に、会議などを設定すること、参加することで仕事した感を得ていた人たちは、それがなくなってしまい、「仕事をしている感」が低下したことを、テレワークのせいにしている人が多いように感じます。

最近は「面着会議」を「ZOOM会議」に置き換えて活路(?)を見出している人も増えてきて、それはそれで、本当に残念です。

あなたの組織では、「自宅待機、テレワークになって、かえってZOOM会議が多くなった」ということはありませんか?

もしそうだとしたら、それは、かなり不味い兆候です。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません