新着Pick
396Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
お茶は本当に奥が深いが、飲食シーンではお酒ほど深掘りされてこなかったいわば未開拓の領域。

ロイヤルブルーティーは、コンディションのコントロールに気を使うある女優さんから贈り物に頂いて以来、気に入って、来客があるときは冷蔵庫に切らさないようにしている。1本5000円というとえらく驚かれるが、ワインのボトルだと思えば気軽に買える価格帯だと思う。私は外では料理に合わせてお酒も飲むが、家では正月以外はアルコールを口にすることはまずないので、こういうのは有り難いと思っている。

少し前に、サントリーがガラスの瓶入りで1本2千円くらいの烏龍茶を出したことがあり、それは「大紅袍(たいこうほう)」という茶葉の安定的確保が難しくなり販売中止になったことがある。コンビニで大量に売るものではないが、料理に合わせて飲む気の利いたノンアルコール飲料という分野には、明らかな需要があるとみている。
最近、和食や中華の高級店では、料理に合わせたお茶のペアリングも出始めている。
白金のシノワズなどはその代表だが、お酒を飲んでワイワイ騒ぐかつての飲食とは違う、落ち着いた「新しい日常」の高級外食シーンではこういう飲み物に対するニーズが高まってくるはず。
お茶の復権はすぐそこまで来ている、と感じています。
アルコールを飲む事ができない方々にとって料理の時間目の前でワイン🍷を飲まれると意外に抵抗があったりするのでそんな時にこのお茶があるとグラスもワイングラスにして飲む事でより楽しい食事の時間を過ごす事ができます。
又こうした日本の素材を海外に展開するにしてもしやすいですね。付加価値のある商品だと思います。
飲食ブームはよく、無意識的に消費されていたものが意識的消費に切り替わったタイミングで起こります。
レモンサワーはその典型例で、プレミアム、映え、ヘルシーなど、様々なタグとともに意識的に消費されることで広がっていきました。

お茶も同じように意識的消費、プレミアム化をしていけばよいのですが、注意しなければならないのは以下一点。

「消費者が価値を感じるためには、事前に与えられるタグ(情報)と消費者がそのプロダクトを消費したときに感じる結果が一致している必要がある」ということです。

レモンサワーの例に戻りましょう。
プレミアムレモンサワー=ジューシーな生搾りレモンサワー。おそらく消費者の皆さんはこれを事前情報として持っているはずです。そして、そのレモンサワーを実際に消費したときの感覚も事前情報と一致をしているはずです。だからこそ、レモンサワーはそのプレミアムな味さえ再現できれば缶化など、マスに展開することが可能となり、今のようなブームが起きたと思っています。

一方で、お茶は事前情報として「プレミアム」の共通認識がありません。プレミアムティーと言われたときに消費者はなに想像するのでしょうか?

わかりやすい例でいうと、その答えは抹茶です。だからこさ消費者の事前情報と結果が一致している抹茶でしかアップセルができず、メーカーはお茶のプレミアム化をしたくても、抹茶サワーしか出せないのです。
https://www.takarashuzo.co.jp/products/soft_alcohol/

ボトリングティーも同様です。お茶には消費者の中で共通のおいしい/プレミアムなイメージが抹茶以外に現状ありません。
そのためボトリングティーはハレの日の驚きの演出/ギフト/ノンアルコールの選択肢の一つとしては成立をします。ただ、上記の構造上今の市場の延長線上にマスへの展開はおそらく考えられないでしょう。

ちなみに、消費者の中で共通の認識がないという現状については、長年続く生産の効率化と画一化。ペットボトル需要による需要の硬直化が原因だと考えています。市場に甘んじた生産サイドが主な原因ですね。

これだけねじれた産業はそのねじれが解けたときに大きく成長することでしょう。
これからの展開が楽しみで仕方がないです。
ロイヤルブルーティーもそうですが、ワインのように食事と楽しめるノンアルコールの飲み物がもっと増えるといいなと思います。モクテル(ノンアルコールカクテル)も海外ではよくあるのに、残念ながらまだ日本では少ないです。
Macchaはグローバルで地位を確立しましたが、Ochaが日本で、そしてグローバルでどうなっていくのかこれからの取り組みが楽しみです。
🍵🌿老舗のお茶屋で買う玉露や新茶のランクの良いものも、茶葉は数千円以上ですよね。

私自身お酒が飲めない体質なので、アルコール以外に、飲料でも美味しいものが出てくるのは嬉しいです🥂✨
ロイヤルブルーティは非アルコール飲料のギフトにはかなり最適でよく使います。さまざまな味わいがあり、パッケージも美しくとても喜ばれるのでおすすめです!
#PRじゃないです。笑 本音。
ロイヤルブルーティー、凄まじく美味しいですよ。

高級ノンアルコール飲料は飲食店や夜の街で需要があります。
お金を持ってる人が全員酒好きではありませんが、やはり食事や店で「良いものを飲みたい」という欲求はなくなりません。

飲料全般の高付加価値化はひとつのトレンドですね。
コーヒーも高級なものもありますし、日本茶に拘る若者ももっと増えてくるかもしれませんね。
個人的には戦国武将が茶道に求めていたものを今の時代にもう少しフィットできないものか、気になってます。
日本緑茶でしたら、
私の遠縁戚 末﨑喜市翁が明治期に開発した八女茶星野村玉露
是非ご堪能ください。

http://www.hoshinofurusato.com/tea/
ペットボトルによって一般化し、ゆりもどしなのか一部が再編集による高級志向の流れがあるようですね。元々玉露レベルはおもてなしのための高級品という印象ですが、今回は現代に合わせたおもてなしや楽しむための高級志向という印象があります。
また生産背景において、同じ産地であってもそれぞれの生産者のお茶を混ぜ合わせたブレンドが一般的だったときいていますが、シングルオリジンの流れも出てきています。お茶のコンセプトホテルやティーツーリズムなど、様々な体験とセットでテロワールを感じるようなコトが増えてくるのかもしれません。