新着Pick
435Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ルール・ツール・カルチャーについて、それぞれとても勉強になりました。さらに、こちらはそもそも色々な働き方への対応が進んでいたようですが、そうでない企業には、「気合い」も必要かな、と思ったんですが、

「 “鶴の一声”ではなく、トップ自らが1人のユーザーとなってリテラシーを身につける。また、現場から吸い上げたアイデアを管理部門で議論し、再び現場に落とし込むだけではなく、アイデアを吸い上げる過程で横にも展開する。
これらのエピソードは、いわゆる「トップダウン」や「ボトムアップ」という言葉では語りきれない、示唆に富んだものと言えるだろう。」

これ、なかなかない環境だと思います。
すごい。
「リモート参加者にとっては、(打ち合わせの内容を)聴いておいた方がいいから参加する、という状況でした。そのため傍聴者っぽくなってしまって、積極的に会議に参加できていたとは言えなかったと思います」

ほんとこれ。今後は傍聴者は要らない。