新着Pick
68Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
それにしても、欧米の中銀トップは財務省に対して財政支出を促す発言しますが、黒田総裁はしませんね。
国債を発行して財政支出を拡大する立場の財務相と、その国債を買って金融緩和を進める立場の日銀総裁がそろって“異例”の会見。「中銀と政府が同じ方向を向いているのはすごく大事なことだ」そして「政府・日銀が一丸となってやっていることを世界に伝えることは国益に沿うと強調した」・・・ 日銀は否定するのでしょうが、かつて禁じ手とされた財政ファイナンスの推進を、世界に向けて高らかに宣言した構図かと。低インフレで経常収支が黒字という経済環境が続く限り問題は表面に出ませんが、日本経済がずっとそういう道を辿ると信じて良いものか (・・?
私が思うには、今必要なことは影響が大きい外食、観光、エンターテイメントなどのレジャー産業等を大胆に支援していくことであり、日銀による融資拡大はやらないよりはマシであっても効果は期待できない。マクロの景気対策もあまり意味がなく、消費税減税、一律の給付金などが必要性は低い。
どうしていいか誰もわからないことへの対応は、本当に大変だと思います。
一体で対応していくと言うこと自体に意味があるとは思えませんが、色々と出していくんですかね?

財政ファイナンスどんどんしていきましょう。ということだと理解してます。
黒田さん、申し訳ないが存在感、影響力共にかなり小さくなっています。自粛期間中、日本経済を鼓舞するメッセージの一つでもありましたか?