新着Pick
223Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「集団免疫」アプローチから方針転換した英国は欧州で最大の死者を出す国となり、ロンドンでは抗体検査の陽性率は14%に達しています。ストックホルムの倍。一方でスウェーデンはロックダウンなしでもマイナス成長。GDPは通年で7%減と予想されています。死者数は北欧で突出。どちらも狙い通りとはいかず、というのがこのウイルスの厄介なところなのでしょう
何か統計が示された時、考察を始める前にまず与えられた数字を批判的に吟味することが大切です。ここでその例をお示ししたいと思います。

まず、抗体検査の系は数十を超える種類があり、各国で採用している検査系が異なります。スウェーデンでどのような検査が用いられたかはわかりませんが、他国のそれとスウェーデンのそれを単純比較することは残念ながらできません。検査によって精度が大きく異なるのです。

例えば、感度50%の検査を用いている場合、この検査では、実際の感染者の50%しか検出できません。この場合、検査での「抗体率」は7.3%かもしれませんが、実際の抗体保有率は15%かもしれません。

また、多くの抗体検査が(風邪を起こす従来型の)コロナウイルスにも交差反応を起こす可能性が知られています。すなわち、最近旧型のコロナウイルスの風邪をひいたという方も「抗体保有者」として捉えている検査もあるはずです。報告されている感染者数と比して、「抗体率」がとても高い値を報告している地域では特に、そのような可能性が指摘しえます。

このように検査の系で大きくバラツキがあることから、国際的な比較をしたい場合には、全ての国で標準化された同じ検査系を用いて行う必要があります。現在公表された値で国際比較するのは、さながら全く異なる縮尺の物差しで大きさの比べ合いをしているようなものです。

加えて、抗体検査はもちろん国民全員に行うのは不可能なので、必ず抽出した限られた対象者に行なっているはずです。このため、地域のことを語る上では、この対象者たちが本当に地域全体を適切に反映した人なのかを考慮して検討する必要があります。

このような背景から、本来「地域の抗体率」を示す場合には、「幅を持った推定値」が示されるべきですが、ここでは単一の数字が示されており、比較をする上で注意して読む必要があります。本来必ず「幅」があって然るべき数値なのです。

このような理由から、そもそもこの数値で適切な国際比較ができますかと問われれば、答えはノーではないかと思います。ただし、例えば同じ地域で同じ抽出の仕方で同じ検査系で評価を続けていけば、その推移を追うことには大きな意味があると思います。
7.3%という数字がどこまで正しいのか、実態からブレはあると思いますが、
だとしても、これが実際は70%です、ということはないでしょうし、
いずれにしても集団免疫獲得にはまだほど遠いということは明らか。

封鎖しなくても数ヶ月で集団免疫を獲得することは難しいという1つの知見となるかと。

逆に、長期的にみた感染状況が、封鎖した国と大きく違わないということにもしなれば、経済的被害も考慮すると封鎖はしないでよかった、という結論になるかもしれません。
日常生活の制限をごく軽微な水準にとどめながら抗体保有率、つまり過去に感染した人を他国とほぼ同じ7.3%に収めることが出来たなら、経済崩壊を引き起こすほど過激な戦略を取った他国より成功したと見て良いんじゃないのかな・・・ 
「集団免疫の獲得には程遠い状況が浮き彫りになった」、「集団免疫形成の試みを支持する声は少ないとの批判が研究者から出ていた」といった、なんとなく否定的なニュアンスのコメントを加える必要性はどこから来るものか。
無症状者が感染させるためシャットダウンで完全に防ぐことが難しく「人口の70~90%」が抗体を持つまで何がしかの形で感染が続きそうで、かつ、自力回復まで持ち堪えさせる救命措置が適切に行われるなら死亡率も低く抑えられそうなこのウイルス。感染を先送りすればその間にワクチンが完成するかもしれない、という期待感に依存するのでなければ、医療崩壊も経済崩壊も起こさない形で自然に感染させて行くスエーデン流も一つの行き方であるように感じます。
日本の抗体の精密な定量検査に関して、自分は東大先端研のグループに注目しています。うまくいけば、秋~冬の波がきた場合に、再び経済を閉めなくてもいいかもしれないとも思います。

https://www.youtube.com/watch?v=8crwEQN_DbA
46分もある動画です。25:40~がコアかと。

プロジェクト案をみると、九州は入っていなくて残念です。自分も受けたいのですが...。
https://www.ric.u-tokyo.ac.jp/topics/2020/ig.html
本稿は論点がずれています。抗体率が低いのは重要ではありません。それよりも、抗体保有率を通して推計できるこの国の感染状況が、ロックダウンを採った他の国と同じだった点です。つまり、ロックダウンという社会的犠牲を払うことは、必ずしも重要ではないのです。

スウェーデンは非常にありがたいテストケースです。多くの示唆を与えてくれます。ひとつには、ロックダウンをできるだけ避けようと、広い社会合意を形成したこと。メディアが現実を無視して、ロックダウンを煽ったり、国民みずからがパニックって、ロックダウンを求めたりした日本とは大違いです。二つ目に、自主対策を通して政府と国民が協力し合いました。この点は日本も引けをとりません、両国ともに見事です。三つ目、スウェーデンが医療崩壊を免れているのは、情報を公開し、PCR検査を抑制し、かなりの高齢の方には、コロナの死を「自然死」として受け入れてもらったこと。医療資源をいかに守るかが、最重要です。

日本は、いわゆる識者やコメンテータ、感染症専門家が「ひとりのコロナ死者」も出さないことに執着し、経済での死や(新型コロナシフトの影響を受けた)他の死を一切無視し続けました。科学的でもなければ、バランスを採った判断でもありません。現実を無視した「過度の自粛」に政治家が甘え、一部の感染症専門家もスター気取り、そして自分の収入が傷まない「ステイホーム疲れ」を嘆いているだけの人たちは、今後も「怖い・ヤバい」を叫び続けるのでしょう。
あれ、(都市封鎖している)NYでも15%超じゃなかったっけ?
意地を張らないで、日本を見習えばいいのに…
スウェーデンが「集団免疫」の形成からほど遠い、というより、今のやり方で、より強い対策の国と同程度の抗体率、ということの方に目が行くけど。
ストックホルム(スウェーデン)の抗体保有率7.3%(4月上旬)だったそう。

一か月間に感染者数が倍になったので、5月上旬には14%前後だと推測。
集団免疫作戦では25%(ストックホルムの人口の1/4が感染)が感染している予定だった。

スウェーデン全体での保有率は以下。高齢者の感染率が低いのが死亡率をかなり低く抑えてる原因みたい。(5月の人口当たり死亡率はEUで最多との報道も)
- 20-64歳が 6.7%
- 65-70歳が2.7%
- 0-19歳が4.7%
https://www.thelocal.se/20200520/heres-what-swedens-first-coronavirus-antibody-tests-tell-us

今年のGDP推計は、以下とのこと
- スウェーデン -6.5%
- ノルウェー -7.4%
- デンマーク -10%
https://www.thelocal.se/20200518/swedens-lack-of-lockdown-wont-be-enough-to-save-the-economy-experts-warn