新着Pick
91Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
うーん・・・これは私はちょっと怖いなと思いました。
Googleは一民間企業ではありますが、圧倒的な量のデータを握り、プラットフォーマーになっているわけですよね。
気候変動という「正義」に反する事業に対してサービスを提供しないというのは、企業の行動として正しいように思えるのですが、正義を定義するのがあなたですか?というところに怖さを感じるのは、私だけでしょうか。

そして、Googleが「「石油・ガス産業が化石燃料の掘削を効率化するために提供してきた人工知能(AI)や機械学習(ML)の構築は今後行わない」ことで、CO2が減るなら良いのですが、本当にそうなるのかというのも気になります。非効率な生産に戻るくらいなら、効率的にやったほうが良いわけで。

世の中はもうこちらの方(=気候変動の取り組みを加速させるという価値観)に回り始めていて、「その価値観だけで考えると、別のリスクも生じるかもよ」というよりは、「私はこっちにいくぜー!!」なり「みんなついてこいよー!!」と、その価値観を突き詰める方向に行く方が受けるというのはわかっているのですが、「そこにバランスはあるんか?」というのが気になってしまいます。
Googleがどれほどこの業界でAIやMLのシェアを持っていたかも存じ上げないので、考え過ぎかもしれませんが、皆さんはいかがでしょうか。
Google自身の成長のために石油、ガス業界は必要ない、と切り捨てただけ。売上の貢献度が低いのもあるが、企業ブランドとして従業員や国民の支持が必要です。
徹頭徹尾ユーザーファーストな姿勢でしょう。売名行為もある意味ユーザーファーストであって「売上」ファーストではない
"『2019年における石油・ガス業界からの収益はGoogle Cloudの総収益の1%未満でした』"
Googleはインフラ屋ですので、個別アルゴリズム構築サービスなどはせいぜいクラウドのおまけでしかやっていません、引き続きAIクラウドの提供はするけどそこまではしないよ(してないよ)と線を引いただけでは、という感想です。

あとはその手の批判がよほど寄せられているのでしょうね。何かしら対応せざりを得ないほど。
Google軍勢の「化石燃料城」に対する兵糧攻めですね。

「政府、化石燃料企業連合軍」のインセンティブと、「Google軍」の兵糧攻め…果たして勝つのは、どちらでしょうか?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
これはチャンス!?