新着Pick
307Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「飽きる」ことは、前に進むために、とても大事な機能です。

もし「飽きる」ことがなければ、人間、その場にとどまってしまいますよね。

変化の大きな時代においては、下手に「飽きない」ことを考えるより、「飽きる」ようになった方が良いと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
基本的には、ドーパミン回路の報酬予測誤差で説明できるので、同様のパターンによる報酬は繰り返すと劇的に報酬が減っていく(経験の差にしか反応しない)が、マインスイーパのようなハマる系のパズルゲームは、同じような作業の繰り替えしなのに、飽きるどころか依存性が強い。

非常に細かいサイクルの作業の連続の果てに、最終的に大きな達成を生むようなタイプのタスクの場合、短期サイクル作業は報酬予測誤差の減衰の絶対値が小さいので、飽きを感じにくいのと、細かい作業をやりながら、ずっと最終的な報酬の期待値が高まっていくので、ドーパミンが出やすいのではないかと推測。
なぜ飽きることがいけないの?
飽きないで、同じモノを食べ続けて、同じ行動し続けて、同じ日常を繰り返すなんて、そんなのもうロボットじゃん。飽きることとは心の細胞分裂であり、新しい自分を生み出す助走。飽きるからこそ楽しいし、それこそ生きている証だよ。
ここでいろいろ研究されている食い物を飽きさせないものとか、そんなことやっているから欧米人はみんなデブるんじゃないの?
「飽きる」ことができるのも人間の特性だと思います。
決して良くないことではなく、それがあるからこそ人は創意工夫をしますし、自らの世界を広げようとすると思います。

「飽きる」のは満たされたからであり、それはモチベーションにつながります。
「飽きた」からこそ、人は次に進めるのだと思います。
好奇心が多いだけ。そこまで気にする必要はない
自分を主役に見立てれば飽きなど自分でコントロールできます。飽きるのは、そのステージで脇役だと感じているから。ひとりひとりに主役のステージを用意するのが、特に学生に対しては、先生のお役目。
『飽きさせない』という能力は重要です。
興味関心を引く導入の巧みさ。
成功と失敗を楽しませる設定。
集中力を維持させる展開やペース配分。
探究心をくすぐる奥行きの見せ方。
先生や指導者と呼ばれる職業の醍醐味ですよね。
情報も栄養みたいなもんですし適度に飽きていろいろ摂取した方が身になりますよね確かに。
飽きないですねぇ、寝顔
海外旅行だけは飽きないなぁ…