新着Pick
131Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
リベンジ消費を9月に獲得できるかどうか。巣篭もりの中でより利用頻度増や新規ユーザー獲得も考えられる中、アメリカの収束次第にもなりますが消費喚起への踏み込み方が今回はより楽しみです。
「必要な措置」なのでしょう。
Amazonに限らず、今後の経済活動は、「コロナ前」と同じことをしようとするのではなく、新たな状況に対応した手を打っていくことになります。

「新たな状況」をどうとらえるか。ここに企業の力と思想があらわれてくるはず。
プライムデー強行すると相当在庫リスク覚悟が必要でしょうからね。AI化されているであろう需要予測も読みきれないと踏んだのでしょうか
「購買意欲が最大になる瞬間、期間」を、「ロックダウン解除のタイミング」を考慮しながら模索しているのでしょうね。

狙いが当たるか、外れるかで、売上は大きく変わるでしょうから。

ここは、本気にならざるを得ないでしょう。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
157 兆円

業績

業績