新着Pick
60Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
根強いファンが支えているのでしょう。回復という言葉を見るとどんな業種でもほっとします。
一定数は、警戒するから、その人たちは、公の場所で、ゆっくり楽しむことはありませんよね。
でも、他の一定数は、スタバが好きで、テイクアウトでも、書いたいという人もいます。
しばらく時間がかかりますが、ファンが多いスタバは、回復が早いでしょうね。

ちなみに、自分は、後者の一定数です(^・^)/
予想より良いペースですが約30%減な状況。プラスに転じるには時間がかかるとも予想としている通り、自粛解除後も飲食の数字は中々戻ってきません。引き続き多くの企業は資金繰りと雇用維持の悩みは続きそうです。
日々の習慣になっていること、そして日々の習慣を取り戻すことへの皆の渇望が表れているように感じる。こういうのが「ブランド」だと思う。
日本でも感じたけれど、スタバはいち早く動いていましたね。
それはスターバックスコーヒージャパンといえどグローバルな視点を共有していて、その重要さを企業レベルで理解しているからこそ、だと思います。

対岸の火事の意識では、埋もれるばかり。
日本企業は、視点を広げ、決断し動くことが重要だと改めて感じました。
市中で目に付いたスタバのオープン。
少しづつ取り戻している感があり、気持ちも和らぎます。

Withコロナに迅速対応しているようで安心感があります。
スターバックスは全ての対策スピードが早い。
そしてグローバルレベルとローカルレベルどちらでも最適化しているのが強さを表していると思う。
スターバックス(英語: Starbucks Corporation、ナスダック: SBUX)とは、1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業した、世界規模で展開するコーヒーのチェーン店で、シアトル系コーヒーの元祖である。 ウィキペディア
時価総額
14.3 兆円

業績