新着Pick
458Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
黒川氏への退職金を満額出そうという思惑もあって「訓告」にしたと推測します。他の事案の処分とのバランスもあるとは思いますが、身内に甘いと思われるリスクはきちんと見た方がよかったと思います。さて、今回の文春の記事で違和感を持ったのは、ネタもとが産経新聞関係者とはっきり書いていることです。これは異例です。書く必要のないことをなぜ書いたのか。ずっと考えています。一番自然なのは、そのネタもとの産経新聞関係者が、そう書かれることを希望したということでしょう。社内の争いか、産経本社に対して何らかのペナルティーを与えたかったのか。これ以上の推測はもうやめます。
そして一番残念なのは、新聞記者が3人も同席し、それを告発する新聞社の関係者がいながら、なんで文春が報道するのかということです。それぞれ世界からみても異例の高い評価をもらっている新聞社です。どんな形であれ、自分の媒体で報じるべきです。
#検察庁法案に反対します の歴史的な動きは、ジャーナリズムにも歴史的な出来事につながりました。暗い気持ちがぬぐえません。
真相は藪の中ですが、私は「産経新聞の内ゲバ」とみています。

送迎のハイヤーを産経が用意したというのが決定的でした。ハイヤーの予定は社内の別部署にも知られているはずです。黒川氏との賭け麻雀が常習的に行われていることを知っていれば、どこかから漏れます。ハイヤーがどこに向かうかが分かっていれば、撮影は難しくありません(それでも確実におさえるテクニックはさすが文春ですね)。

構図はシンプルで、産経社内に担当記者と黒川氏との昵懇ぶりを妬む人間がいて、それがこのタイミングで炸裂したということではないでしょうか。まさかこのタイミングでバッチリ撮れるとは、文春も予想していなかったのではないかと思います。

日本は「目立つ人」を妬む輩が多いですね。こういう暗闘は不健全とは思いますが、日本独自というわけでもありません。英国で「外出禁止」の主導者だったニール・ファーガソン教授が、女性との密会で地位を追われたのも記憶に新しいです。本件も、権力を巡る争いの象徴例と思います。

※上記は、速報記事へのコメントと同じですが、付け加えると、週刊文春の記事の冒頭で「(賭け麻雀をするという)情報が、産経新聞関係者から小誌にもたらされたのは四月下旬のことだった」と書いてあります。わざわざソースを明記しているのを怪しいととるか、それともバカ正直に書いているかととるか。解釈はわかれますが、私は後者の見立てです。みなさん、とりあえず週刊文春の誌面をみてからコメントしていただければ。
たとえば上場企業のNO.2が緊急事態宣言下で賭け麻雀をしていたとしたら、訓告で済むのだろうか。

とはいえ、今回の件で黒川検事長への懲戒免職を求める人がいらっしゃったら、ぜひ「誰・どの機関に求めるべきか?」というのを考えていただきたいです。まさにそれが、今回大きな話題になった検察への人事権の介入問題を考える一つの補助線になります。

同時に、検察権はメディアとも癒着しうるという問題点も炙り出されたと思います。政権はもちろんのこと、第四の権力であるメディアとも距離を保たなければならないのは当然です。こういう時、検察権が時にメディアと共に暴走することもあります(たとえば検察にとって有利な情報のみを流し続ける等)。このようなことも想定して、検察権に対してどのように構造的に牽制するのが良いのでしょうか。長く慎重に議論していきたいです。
検察庁という組織がいかにぶったるんでいるかを示すような出来事です。

送検されてくる被疑者のほとんどが警察で自白をしており、警察の調書に手直しをして検面調書を作成して終わりという流れ作業の毎日。

おまけに、出世すると現場から離れるので法廷感覚もなくなります。

残るのは、大企業のサラリーマンのように出世競争になり「視線が内向き」になってしまいます。

黒川氏の視野がもう少し外に向いていれば、
「汚名を着せられてまで検事総長になるなんてごめんだ」
という意識が働いたでしょうに・・・。

これじゃあ、現場で頑張っている若手検事や警察官に示しが付きません。

そうはいっても、政治家のようにふてぶてしく居座る度胸もないでしょうから、しょうがないのでしょうねえ・・・。
なぜこんな時にわざわざ賭けマージャン?みんな不思議だと思わない?黒川氏本人がこの状況が続くのを避けたかった?一緒にマージャンした産経新聞記者とは別の記者からのリークとわざわざ文春に書いてあるけど、普通、ネタ元は出さないもの。なんか、裏の裏のそのまた裏がありそうな怪奇な様相。表面的な動きや、表層しか見えていないもっとも論に惑わされず、しばらく情報が出そろうのを見守りたいです。
公務員の懲戒処分には、退職・停職・減給・戒告とあり、黒川検事長に出されている「訓告」は、懲戒処分ではなくその下にある「処分」。実務をする上での評定のハンデにはならないとされています。
「訓告」で済ませれば、退職金は満額出るし、第二の職場も用意できるし、勲章だって渡せる。官邸はその見返りに検察に何を求めたのですかね。
話は変わりますが、このような状況下で9月入学という最大級の社会制度改革を万難を排しながらできる環境ではないと察します。子育て家庭の不安心理は頂点近くまで高まっており、冗談抜きで消費投資行動に影響が出てきかねないように思います。
適切だったらしい。

> また、黒川検事長の定年延長について「閣議で決定するよう求めたのは私であり、責任を痛感している」と述べる一方、「適切なプロセスで行ったと認識している」と述べました。

ならば閣議で法解釈を変更して賭け麻雀も合法にすればよかったのでは(毒)

【追記】しかし。文春の記事一つで国の行く末にも影響を与えたかもしれない今回の件。

有罪率99%とかで検察が実質的に司法の代わりになっているのは問題だけど、

文春が司法の代わりみたいになるのはもっと怖い・・・・・・
メデイア(新聞記者)との麻雀は、どうみても前から仲良くやっていたこと。これでわかったのことは、大手メディア(新聞社とTV局)は検察となかよし。だから、ヒーローなどのドラマ作りに協力し、検察は正義の味方を演じていた。黒川氏の責任は、そのまま新聞記者の責任にも及ぶが、根っこは大手メディアと検察のズブズブの関係ではないだろうか。