新着Pick
583Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
NVIC(農中バリューインベストメンツ)は最近投信をはじめた(元々は機関投資家向けだけだった)が、それで刀と組んでいたとは知らなかった。
NVICは「構造的に強靭な企業」を投資対象としていて、最近のバフェット氏よりもバフェット氏らしいくらいに思っている。「構造的に強靭な企業」とは何なのかが①にあるが、バリュエーションでみた割安度ではなく付加価値・競争力に長期持続性があり成長しているという点。ファクターなどでみたバリュー投資はここ10年ほど極めて厳しいが、NVICのパフォーマンスは極めて優秀(②)で、日本株は極めて優秀なうえに米国株も指数を上回り、かつリスクは下回っている。
投資の調査の際のポリシーも「手ぶらでは企業訪問に行かない」というもの。また日本株だけじゃなく米国株も投資しているので、競争相手の調査をしやすく議論のネタも作れる、判断もより優れる(モザイク理論を使い倒せる構造を作っていて、NVIC自体が「構造的に強靭」だと思う)。③のインタビューは是非見ていただきたい。
グローバル投資の「おおぶねグローバル」は④でもPickしたようにNVICへのフィーはリターンが出たときの成功報酬のみに4月からなっている。日本の投信ではかなり珍しい。
https://www.nvic.co.jp/philosophy/investments
https://www.nvic.co.jp/philosophy/results
https://go.sbisec.co.jp/prd/fund/fund_interview20180502/index.html
https://newspicks.com/news/4658840
森岡さんのインタビューは以前もNPで見たことあると思ったけど今回の記事は非常に興味深い。佐々木さんがインタビュアーだからなのかな。

「これが実はダイヤモンドなんだということを発見するのは、私だけのガッツやひらめきではない。これはノウハウを体系化して「刀」のメソッドになっているので、「刀」の誰がやっても、分析能力でそれをあぶり出せるようになっています。」

ここに尽きると思いました。中でやっていると客観的に分析しながら経営資源を評価するのが難しい。バイアスもかかるし時間もないし。そこに切れ味のあるものを見出して磨いていく。必ずしも突飛なアイディアでなくてもよく、既に社内にあることの方が大きい。経営コンサルティングをしていてもよく感じるところです。
この連載について
株式会社トリドールホールディングス(TORIDOLL Holdings Corporation)は、レストラン及びショッピングセンター等における飲食店舗の開発と運営をおこなう企業グループの持株会社。東京都渋谷区道玄坂に本店を置く。 ウィキペディア
時価総額
1,199 億円

業績