新着Pick
32Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ちょっと言葉足らずの感じがある記事。15日は米国製半導体製造装置を使った輸出を制限、今回は米国が設計した半導体。要するにファーウェイが米国技術を使っていることをテコにした規制。それ以上に記事内で紹介されている「商務省のコーデル・ハル氏」という名前に目が行ってしまった。
これは聞かれたから、当たり前のことを答えただけ。
「さらに規制強化も」という言葉に特段の意味を込められているわけではない。

なお、サムスンとの関係では、だからと言ってファーウェイがサムスンに行くというのは短絡的。サムスンにも米国の規制が同様にかかっているだけでなく、スマホで競合するコンペティターに依存するリスクも織り込んでの対応になる。
先日も別のところでコメントしましたが、この話のポイントはサムスンの動きだと考えます。米国としてはHuaweiを押さえ込みたい、あるいは米中協議のてこにしたい。Huaweiとしては少なくとも当座有力なファンドリを確保したい。しかしTSMCは米国から牽制が入っている。そこでサムスンはスマホが中国市場でシェアを落としているため、成長著しいファーウェイの半導体をTSMCから取り込むことで次の成長を狙いたい。となると製造装置の調達やMAを進めていくのかもしれません。推移注目です。

Regarding US next restriction on Huawei and its effectiveness, I would focus on Samsung Electronics, whose smartphone is losing share in PRC and is eage to expand foundry business at the sacrifice of TSMC. Will keep my on this issue.
今日は下記も報じられております。米中対立の行方が気になるところ。
【中国企業の上場規制強化案を可決 米上院、対立の新たな火種に】
https://newspicks.com/news/4922081